• バイトあれこれ
  • 9
  • 11169views
  • 2015/04/24

「休みはある!お金はない…」そんな大学生にオススメ!「すぐできる」サンプリングバイトの1日をご紹介!

関連記事:このバイトのおすすめ記事はこちら
サンプリングはどんなバイト?評判や配るコツなど 

はじめに

春といえば何かとお金がかかる季節。新学期が始まると、買い物もしたくなり、友達同士の付き合いも増え、さらにはゴールデンウィークが待ち受けています。しかし、「お金がないから…」といって誘いを断るのも気が引けてしまいますよね...

そんなときに目にとまるのが、【日払い】【高時給】バイトの求人サイトではないでしょうか。その中でもよく見かける”サンプリング”とはどのような仕事なのでしょう?私が初めて経験したサンプリングスタッフの1日をご紹介します!

どんな
サンプリングが楽なの?比較記事はコチラ
⇒ 【バイト探し中なら必見】サンプリングスタッフを3つ経験。今からその裏話をしよう。

そもそもサンプリングって?

サンプリングとは、店頭や街頭などの人通りの多い場所に立ってサンプルを配布するお仕事のことです。サンプルには様々な種類があり、チラシやティッシュ、また食品や化粧品などの試供品を配ることがあります。

  • 私が経験した『サンプリングバイト』あれこれ
  • ■職種:サンプリング・ティッシュ/チラシ配り
  • ■給与:日給1万円(交通費別途支給)
  • ■業務時間:11:00~19:00(休憩1時間、実働7時間)
    ■業務内容:大手スーパーマーケットのキャンペーンを案内するチラシ配り
    ■配布場所:お店の出入り口付近
    ■期間:キャンペーンが行われる2週間ほど
    ■持ち物:お店のジャンパー(派遣会社にて貸出)、動きやすいスニーカー
    ■備考:事前にネットなどを使ってキャンペーン情報の詳細を理解しておく必要がありました。

ではサンプリングバイトの1日とはどのようなものなのでしょうか?実際の様子をご紹介します!

(関東)現在募集中のサンプリングバイト一覧
(関西)現在募集中のサンプリングバイト一覧 

これがサンプリングバイトの1日だ!

10:00 派遣会社の本社に集合

派遣会社に到着すると、専門学生の方や主婦の方が数人控え室で待機していました。ここで本日配るチラシが手渡され、勤務先の店舗が発表されます。

10:40 店舗に到着!

まず店舗に到着したことを派遣会社に連絡します。それから店長に挨拶に行き、書類に印鑑をもらってから、配布する場所の指示を受けます。

11:00 勤務スタート

お店自体は10時から開店しているので、もう店内には買い物をしにきたお客さんがいました。お店に出入りするお客さんにチラシを配っていきます。はじめは声も出づらいですが、チラシをもらってくれる人が増えるにつれだんだん自信が出てきます。

13:00 無視されたかのような気持ちになりヘコむ

自分がもらう立場になって考えれば当たり前かもしれませんが、オマケのついていないチラシを快く受け取ってもらう人などあまりいないのです。駅前などと違って人通りが多いわけでもないので、チラシの残部をみて愕然とします。

「まだ残ってるのか…」という気分になります

14:00 ここで休憩

店長に休憩に入ることを伝え、お昼ご飯へ。基本的には立ち仕事なので、ここで足を休めます。

15:00 仕事再開!

休憩から戻ったことをお店の方に伝えて、ビラ配り再開です。基本的に頭をつかう仕事ではないので自由度が高いですが、その分報告をしっかり行わないといけません。

16:00 むしろやる気が出てくる

中には、チラシを配っているだけなのに怒鳴ってくるお客さんもいます。しかし理不尽なことばかりではありません。お客さんは私たちサンプリングスタッフのことを店員だと思っているので、トイレの場所を聞かれたり、道案内を頼まれたりすることがあります。そういった質問にも柔軟に答えられるように、普段から気を配っておきます。お客さんから「どうもありがとう。」と言われるだけで、疲れがとれるような気がします。

17:00 足が...

ずっと同じ場所に立っていると悟りが開けてきます。「今日ここに来たときには明るかったのに、もう真っ暗だ。」と思ったそのときには、足が棒になっています。

でもそうも言ってられません。仕事を終えた人たちが買い物にくる時間帯なので、ここが頑張り時。私の場合は、最初に比べて自然と声は大きくなっていて、自分からお客さんの手にとりやすい位置にチラシを差し出すようになっていました。

18:30 あと少し!

お客さんの波も落ち着いてきて、あと手元に残るは10部のチラシ。終わりが見えてくるので、1部1部に想いをこめて配ります。

18:50 ラスト1部!!

最後の1部は、最高の笑顔でお客さんに配ります。長かったサンプリングもこれにて終了です。派遣会社も現場でだいたい何部配り終えられるかということは、あらかじめ予測してあるので、ほぼ勤務時間と同時にすべてのチラシを配り終えるくとができました。

19:00 勤務終了

最後に店長からサインを頂いて、派遣会社に退店連絡を入れて勤務終了です。もしチラシを余らせてしまうと、残部は持ち帰らなくてはいけなくなってしまうので、「絶対に配りきる!」と気合いを入れて配りました。お給料は派遣会社から現金で支給されるので、後日直接受け取りに行きます。

まとめ

サンプリングバイトの1日はいかがでしたでしょうか。ただチラシを配るだけ、と言ってしまえばそれまでですが、「どうすれば人に受け取ってもらえるのだろう...」とじっくり考える時間のあるバイトなだけに、成長につながったと思います。ここで、私の学んだサンプリングの極意をみなさんに伝授したいと思います!

  •  一、自ら歩み寄って渡すべし
  •  一、受け取り易い場所へ差し出すべし
  •  一、笑顔で語りかけるべし

目まぐるしく流れる人々にこれを気にかけながらチラシ配りをするのは意外と難しいですが、慣れてしまえばとても効率が上がります。また、私の経験則ですが1人の人が受け取ると、その後の人は気になってチラシを受け取ってくれるというポジティブな連鎖があるように思えたので、すばやく配れるように持っておくことも大切です。

このバイトを通じて思ったことは、”ありふれた1枚のチラシに自分がどれだけの価値を上乗せできるか”、それが接客業の原点なのではないかということです。お客さんが自ら飲食店などにお金を支払って受けるサービスとは違う、接客体験ができると思います。自分でサンプリングのノウハウを確立して、たくさんチラシを配れたときはこの上ない喜びを感じることでしょう。単発で募集をしているところもあるので、ぜひ1度は体験してみてはいかがですか?

(関東)サンプリングバイトをやってみたい方はこちら!
(関西)サンプリングバイトをやってみたい方はこちら! 

※これはあくまでも個人経験に基づくものであり、サンプリングバイトのすべてがこの形式に従うとは限りません。 

サンプリングバイトについてもっと知りたいあなたへ

【ティッシュ配り・サンプリングバイト】同年代が多く、華やか!楽しい!短期バイト紹介
 ティッシュ配りはプレゼンに役立つ?サンプリングバイト体験談
研修はありません!サンプリングバイトの体験談を紹介します

安井一輝の記事をもっと読みたい方はコチラ

毎日新記事公開中!編集部のおすすめ記事をもっと読む

参考:【サンプリングバイト】同年代が多く、華やか!楽しい!短期バイト紹介

【大学生活に発見と驚きを】
あなたのいいね!お待ちしています。


安井一輝

著者:安井一輝

茨城県出身の某国立理系大学に通う3年生です。空いた時間の大半は音楽サークルの活動をしています。紅茶集めやカフェ巡りが趣味です。インパクトのある記事を日々みなさんのもとへお届けすることをモットーに、2015年2月からt-newsWebライターをやっています。みなさんの楽しい大学生活をサポートできれば嬉しいです!

会員限定記事

キャリア

2017/10/31

就活準備をはじめる3年生・修士1年生へ!リクナビ2019に会...

こんにちは!t-news編集局です。もうすぐ冬休みですね。学業がひと段落すると、就活準備に本腰を入れる頃かもしれません。この記事を読んでいるあなたは、もうインターンシップに参加...

 

会員限定記事をもっと見る

てぃーすけ案内