• キャリア
  • 1
  • 3893views
  • 2015/06/29

入学式で2年の休学を決意、時給8000円の家庭教師と波瀾万丈なエストレリータ鈴木さんへインタビュー

 時給8000円の家庭教師を経験。鈴木信之さんにインタビュー

数々のキャリアを積み重ね、現在株式会社エストレリータの社長をされている鈴木信之さんさんに、大学時代のアルバイトについて、キャリアについてお聞きしました。


鈴木信之さん(以下敬称略)                            
慶應義塾大学経済学部卒業後、中学受験の老舗企業である四谷大塚に入社し、講師人事・企画などを担当しその後、デロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)に転職。コンサルタントとしてキャリアを積んだ後、次にクライアント企業だった人材ビジネス大手のパソナテックに人事部長として転職する。パソナテックでは人事統括や企画責任者、子会社のGMなどを歴任し、2007年に株式会社エストレリータを起業した。現在は、留学支援事業を行いながら年間200本にも及ぶ講演を実施。                     

インタビュアー 
末若 俊介 慶應義塾大学 理工学部3年
大学生の視点で記事を書いていけるように、読んだ方が一歩を踏み出せるような記事にしたいです。

浪人して慶應へ!しかし、入学式当日に2年間の休学を決意

末若:「本日はよろしくお願いいたします。まずはじめに、鈴木さんはどのような学生時代を過ごされていたのでしょうか」

鈴木:「僕は高校時代に、学歴社会を変えたいと思っていました。学歴社会を変えるためには自身が東大に入るしかないと思い、東大を目指したんですが、現役の時は落ち、一浪しましたがまた落ちて慶應義塾大学に入学しました。慶應って入学式の日に、大学の入り口のところの坂にサークル勧誘の子達がいっぱい並ぶんです。それを見た時、直感で『俺ここにいったらダメになるな』って思ったんです。その日のうちに実家の父親に会いに行き、『今大学に入ったら俺ダメになると思うから、2年間休学して仕事をする。2年間仕事して何を勉強するかを決めてから大学に行きたい』とお願いしたんです。大学生活の4年間をなんとなくで過ごすのは、もったいないと思いその選択をしました。休学していた2年間は、主に夜は塾講師のアルバイトを、昼間は、塾の商品部というところで教材を作っていました」

末若:「すごいですね、入って二年の休学ですか…塾での仕事はどうでしたか?」

鈴木:「塾講師では、担当のクラスの成績向上率が、20校舎くらいある中で一番よかったんです。そのときに教える実力が買われて、大病院の息子さんの家庭教師をすることになりました。一次方程式もしっかりと解けない子を1年間で医学部に入れてくれといわれました。当時はバブル期ということもあり、そのとき時給8000円で、しかしそれだけのお金をもらうということは、責任とプレッシャーももちろんありました。合格させるために多いときは一日10時間、それを一ヶ月に約20日間ほどやっていました。休みの日もどうやって教えれば、その子が面白く勉強できるかをずっと考えていましたね。無事その子は合格し、そのときは本当にやりがいを感じることができました。その経験から自分は教えることが好きだし得意なんだとを実感しました。

末若:「時給8000円…鈴木さんにとって、入学式の日に決意した2年間の休学は活きましたか」

鈴木:「今でも教育事業をやっているということは、その経験が活きているのかもしれないですね。この歳になって思うのは、飲みに行ったり、BBQしたりする普通の大学生活もしとけばよかったなとも思いますね(笑)しかし、一度社会に出てみて、何学びたいかはわかりましたし、後悔はしていませんしよかったとは思っています。」 

新卒で四谷大塚へ、その後大手コンサルへの転職を語る

末若:「鈴木さんは、新卒で四谷大塚に就職されたとお伺いしましたが、どのような経緯で四谷大塚を選ばれたのですか」

鈴木:「ずっと塾でアルバイトしていて、お客さんからの信頼もあったので、卒業後は、自分で塾を始めようと思っていたんです。しかし父親から、『1回サラリーマンやってみた方がいい。いきなり起業しちゃうと、雇われる側の気持ちがわからなくなって、どこかで行き詰まる』って言われたんです。そのときは素直にそうかも知れないなと思い、いずれ塾を始めようと思っていたので、その分野の老舗である四谷大塚に就職しました」

末若:「四谷大塚に就職され、そこでの仕事はいかがでしたか」

鈴木:「就職する際に、自分のキャリアの目標として、30歳までに年収1000万円、35歳で起業しようと決めたんです。そのために何をしようかと考えた時に『まず人の2倍働こう』と決めました。教務部(講師人事担当)に配属されたので、昼間は人事部として自分の決められた仕事をして、それで基本は終わりですけど、夜はどこかの校舎で塾の先生方との時間を過ごすということ始めたんです。そうすると、いつのまにか先生方の信頼を得ることが出来て、入社2年目で部長クラス方達の会議に平社員の自分だけ特別に参加することが出来たんです」

末若:「その後、デロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)をはじめ、いくつかの企業を転職されたとお伺いしましたが、その後はどのようなキャリアを積んでいかれたのですか」

鈴木:「大学の同期たちが商社とか○○省などで働いているのをみていると、若気の至りなのかも知れませんが、教育業界で働いていることは、同期たちに遅れをとっていると思ってしまったんです。それを挽回する為にコンサルタントになろうと思い、大きなコンサルティング会社の中途採用にいくつか応募したんですけど、全部落ちたんです。どうしようかと考えていた時に、新聞の募集広告にコンサルの下で働くのプログラマー職での募集を見つけ応募し、採用されデロイト・トーマツ・コンサルティングに入社しました」

「入社し、新人研修がはじまって同期が10人いたんですけど、僕も含め全員プログラミング未経験だったのでプログラミングをすぐに覚えることができず、困っていたんです。僕は理解は早くないけれど、理解したことを教えるのは得意だったので、毎日、新入社員研修が終わった後、その日に習ったことを授業という形で同期に教えていたんです。それを一ヶ月続けていたら、採用してくれた常務から『君は、コンサルタントに向いている』と言われ異例ですが翌月からコンサルタント職へと特別転換働してくれたんです。そこでは大企業の人事のコンサルティングを行い、その後はヘッドハンティングされて、パソナテックという会社で人事の仕事をしました。その会社で人事部長として日本留学生を採用することになり、ロサンゼルスに採用活動をしに行ったんです。そのときに100人くらいの留学生と面接したんですが、本当に素晴らしい学生が多かったんです。そのときは採用の都合で2、3名しか採用できなかったんですけど、これだけ優秀な人材ならばもっと採用したいと思ったんです。でも、従来の日本の人事のシステムだと、決して留学経験者が高い評価を受けていないことも知りました。このミスマッチをなんとかしようと思い、今の会社を起業しました。それが34歳と10ヶ月でしたのでギリギリと間に合いましたね」

末若:「様々なキャリアを積み重ねて、就職される時の目標は達成されたわけですね。」

ここからは、鈴木さんの仕事や、就活についてを伺いました。

続きはこちら→【慶應卒コンサルを経て起業家へ】学歴だけあっても就活はダメ!就活で必要な本当の力は○○で身に付く

【t-news会員なら無料!】鈴木さんと一緒に就活について考えてみませんか?

鈴木さんがt-news会員に向けて、本物の就活力について、ご講演頂きます。
「本当の就活力」についてあなたも考えてみませんか? 参加費は無料です!
一、二年生も大歓迎ですので、ぜひぜひご応募ください。 

詳細はこちらより→ 【7月3日開催】今の自分は行きたい企業にいけますか?「本物の就活力」をキャリアのプロと考えよう

鈴木さんが運営されているサイトはこちらより

Est Navi海外生活経験者と中小ベンチャー企業とが出会える”場”です。留学した方はぜひ登録してみては、いかがでしょうか?

Est Navi→https://www.est-navi.jp

インタビュアー

鈴木信之

株式会社Estrellita代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、中学受験の老舗企業である四谷大塚に入社し、講師人事・企画などを担当しその後、デロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)に転職。コンサルタントとしてキャリアを積んだ後、次にクライアント企業だった人材ビジネス大手のパソナテックに人事部長として転職する。パソナテックでは人事統括や企画責任者、子会社のGMなどを歴任し、2007年に株式会社エストレリータを起業した。現在は、留学支援事業を行いながら年間200本にも及ぶ講演を実施。 

会員限定記事

キャリア

2017/09/22

【19卒会員限定】リクルートを経て設立した「就活コーチ」の廣...

こんにちは!トモノカイ事務局です。今回特別に、「就活コーチ」の代表を務める廣瀬 泰幸氏から19卒のt-news会員に向けてメッセージを預かったので、就活を控えるみなさんにお届け...

 

 

2017/09/14

【サークル紹介】早稲田大学和太鼓サークル 魁響

2010年設立、学内で唯一の公認和太鼓サークルです。現在、オール早稲田の約40名で活動中です。早稲田祭を筆頭とした学内外の数々のイベントに出演しています。 月に三度、...

 

 

2017/09/13

【サークル紹介】早稲田大学フラメンコ集団iVAMOS!

早稲田大学唯一のフラメンコサークルです。インカレ生、留学生を含め、20人前後で和気あいあいと活動しています。 毎週火曜日、早稲田の学生会館にてプロの先生の指導のもとレ...

 

会員限定記事をもっと見る

てぃーすけ案内