• キャリア
  • 0
  • 4082views
  • 2015/09/14

サマーインターンなんて行く意味がない!就活のプロがあなたに教える本当の就活

就活コーチの代表である廣瀬泰幸さんにインタビュー

就活コーチの代表である廣瀬泰幸さんにお話をお伺いしてきました。

後半はこちらより→就活で必要なのはレベル4の○○に集約される!?体育会出身者が一流企業に採用されるワケ

インタビュイー
就活コーチ代表 廣瀬 泰幸

慶應義塾大学法学部政治学科卒業。 株式会社リクルート入社。ご挨拶

管理職として10年間勤務しながら、大企業からベンチャー企業まで1000社を超える企業の採用と人材育成を支援。
その後、一部上場企業の人事部採用責任者として年間500名の採用と人材育成を行う。
2003年 ㈲ヒロウェイ設立。
2004年より、株式会社リンクアンドモチベーションの講師として、主として大企業の10,000人を超える社員に教育研修を実施。
2010年㈱オールウェイズ設立。
以降、1,000名を超える学生に就活コーチングを実施。 


インタビュアー 
末若 俊介 慶應義塾大学 理工学部3年
大学生の視点で記事を書いていけるように、読んだ方が一歩を踏み出せるような記事にしたいです。

遊んでいた1年生から勉強中心の2年生へ変わった理由

末若: 「本日はよろしくお願いいたします。廣瀬さんは、慶応義塾大学の法学部のご出身とお伺いしたのですが、どのような大学生活を過ごされていたのですか」
 
廣瀬:「大学に入り1年生の頃はシーズンスポーツクラブという、夏はテニスやサッカーを冬はスキー等をやるサークルに入って楽しい大学生活でした。それと同時に、1年生から入ることのできた政治学に関する著名な本を輪読していくゼミに入っていました。2年生になって、高校時代とても仲の良かった友人が弁護士を目指し勉強していることを知りました。そのとき大学に入って一年間彼は勉強していたのに、自分はゼミには入っていましたがチャラチャラ遊んでいたという事実を目の当たりにしたんです。自分もなにかやろうという気持ちから、外交官試験挑戦しようと考え、2年生から4年生まで毎日8時間勉強するという生活を送っていました。結局大学へはあまり行かなくなり部屋でずっと勉強していました。しかしながら外交官試験には落ちてしまったので、就活をしました。リクルートに内定を頂いた後は麻雀三昧でしたね(笑)」
 

末若:「廣瀬さんがリクルートを選んだ基準はなんだったのですか」

廣瀬:「それは風土であり人でした。リクルートは自由でしたし、会った人達も楽しそうな人ばかりでした。そしてどうせ行くならば業界のトップしか行く気はなかったのでそこは意識をしていました。そのため受けた企業も総合商社、証券、メーカー1社づつとリクルートだけ受けて、一番リクルートが面白そうだなと思って入社しました」

末若:「どの業界でもナンバー1の企業に入る方がいいということですか」

廣瀬:「新卒で入るならその業界のナンバー1の会社がいいと思います。業界の中で一番優秀な人がいるし、ナンバー1の企業はマーケットとか社会の動向を見ているのに対して、ナンバー2,3の企業は実はナンバー1の動向を見ている。そのため見ている世界が圧倒的に違います。なによりその業界で社会に対してインパクトのある仕事をしようと思ったら、業界の中では一番優秀な人が集まり、一番力がある企業をフィールドにするべきだということです」

末若:「就活の中でナンバー1の企業だけを選ぶって自分に自信がないとできないと思うのですが、廣瀬さんの自信の裏付けとなっていたものはなんですか」

廣瀬:「自分なりにしっかりと勉強をしたということで誰にも負けないという気持ちを持っていたことと、企業に選んでもらうのではなく、自分が行きたい企業を選ぶと思っていたので強気にいきました」

末若:「廣瀬さんのご出身の慶應義塾大学は私立では上位層ですが、東京大学等の国立大学の学生と比較しても負けない自信があったのですか」

廣瀬:「地頭の良さでは勝てないと思ったけれど、今までやってきたことの確かさがあれば負けないと思っていました。というよりは勝つ負けるという意識はなくて、自分が行きたい企業にいく、選んでやるんだという気持ちだけでした」

末若:「新卒で入社されたリクルートではどのようなお仕事をされていたのですか」
 

廣瀬:「入った直後は、大学担当の部署に入ったので大学へ行き、大学の情報を頂いたり、他の大学の情報を提供したりして大学と良い関係を結ぶという仕事を主にしていました。入社して2年半ほど経つと営業の部署の入り、その後は企業の新卒・中途採用のお手伝いと企業研修の仕事を主にをしていました」

サマーインタ−ンの是非について

末若:「多くの3年生は今の時期サマーインターンに参加していると思うのですが、おススメの企業や参加する上でのアドバイス等あれば教えてください」
 

廣瀬:「結論から言うとサマーインターンを受ける価値のある会社は、日本の数社と外資の一流企業のみだと思っています。それなりの会社のサマーインターンなんていっても意味がないと思います」

末若:「そうお考えの理由はなんですか」 

廣瀬:「その理由は、外資系企業やコンサルティングファームでなければ採用選考には繋がらないですし、自分の志望軸が固まっていないうちにサマーインターンにいくのはほぼ意味がないと思います。中途半端にサマーインターンに行って就活をしている気になるよりは自分が1,2年生でやってきたこと学生時代に取り組んできたことに注力しやり切る時間にすることの方がよほど大切だと思います。よくインターンにいくと視野が広がったという意見があるけど、みなさんよく考えてみてください。全くの真逆でそれしか見えなくなって視野が狭まるんです。視野広げるのであれば業界研究をちゃんとやったほうが何倍も良いです。しかし外資系企業やコンサルティングファームの場合は採用直結の場合が多いので就活本番であるという気持ちを持って参加した方がいいと思います」

末若:「敢えて参加するメリットはありますか」

廣瀬:「本当に一切ないと思います(笑)夏のインターンなんて、他がやっているからやっているに過ぎないんです。夏のインターンに行く価値のある日本の会社なんてほぼないと思います」

末若:「採用直結以外の点で外資系企業へのインターンへ行くべきメリットはなんですか」 

廣瀬:「5日間等長期でしっかりとやる点と参加している学生のレベルの高さですね。もう一つのメリットは、優秀な学生が多く参加する為に、選考で落ちる可能性は格段に高いです。というのも中途半端な企業や、全員参加できるインターンに受かって安心しているよりも選考に落ちるという経験を早くしておいた方がいいと思います」

末若:「廣瀬さんの意見だとサマーインターンは長期の方がよいのですか」

廣瀬:「長期の方が良いというより、ワンデーのインターンなんて行く意味が一切ないです。一日の大半が企業PRですし、それに一日使うことが本当に無駄だと思います。それよりも3年生の間はこれから社会で働くために必要な力をつけることが大切なんです

ここからは社会で必要な力についてお話をお伺いします。
続きはこちらよりどうぞ→【行きたい企業にいける自信はありますか?】サークルで身に付く就活に必要な力をお教えします

廣瀬さんの活動はこちらより

就活コーチ→http://s-coach.com
就活コーチのブログ→http://s-coach.com/blog/

著書のご紹介

新卒採用基準-面接官はここを見ている-廣瀬-泰幸

会員限定記事

キャリア

2017/09/22

【19卒会員限定】リクルートを経て設立した「就活コーチ」の廣...

こんにちは!トモノカイ事務局です。今回特別に、「就活コーチ」の代表を務める廣瀬 泰幸氏から19卒のt-news会員に向けてメッセージを預かったので、就活を控えるみなさんにお届け...

 

 

2017/09/14

【サークル紹介】早稲田大学和太鼓サークル 魁響

2010年設立、学内で唯一の公認和太鼓サークルです。現在、オール早稲田の約40名で活動中です。早稲田祭を筆頭とした学内外の数々のイベントに出演しています。 月に三度、...

 

 

2017/09/13

【サークル紹介】早稲田大学フラメンコ集団iVAMOS!

早稲田大学唯一のフラメンコサークルです。インカレ生、留学生を含め、20人前後で和気あいあいと活動しています。 毎週火曜日、早稲田の学生会館にてプロの先生の指導のもとレ...

 

会員限定記事をもっと見る

てぃーすけ案内