• キャリア
  • 1
  • 330views
  • 2016/06/05

「学生のうちに何か資格を取った方がいい」というのは本当なのか。

資格は就職に有利なのか

「今のうちに何か資格を取っておいた方が就職に有利ですか?」

これは、就職に関する定番の質問の一つです。ですが、この質問をした学生に対して「なぜ資格があると有利だと思うのか」と聞くと、大概の学生は答えられません。
なぜなら、社会で求められている力と、学生の考えている社会が求めている力に誤差があるからです。学生の多くが、ただ漠然と「資格を取れば会社(社会)に求められる人材になれる」と考えているのでしょう。

しかし、それは大きな間違いです。

目的をもう一度考えよう

世の中には、資格がないと業務ができない職業があることは確かです。例えば、医師や弁護士。国によって「その業務をすることを許可された証拠」としての資格が必要です。税理士や会計士、保育士などもそれにあたります。
しかし一方で、簿記や秘書検定などの「ビジネス系資格」は、それがなくとも業務を行うことができます。簿記資格を所有していない者が決算をしてはならない、などという決まりはありません。

続きを読む 外部サイトへ飛びます

by.1~2年生からはじめる有給インタ−ン WILLWIDE

会員限定記事

キャリア

2017/10/31

就活準備をはじめる3年生・修士1年生へ!リクナビ2019に会...

こんにちは!t-news編集局です。もうすぐ冬休みですね。学業がひと段落すると、就活準備に本腰を入れる頃かもしれません。この記事を読んでいるあなたは、もうインターンシップに参加...

 

会員限定記事をもっと見る

てぃーすけ案内