• 大学生活
  • 会員限定
  • 0
  • 109views
  • 2017/09/12

【サークル・団体紹介】早稲田祭2017運営スタッフ

日本一の祭を創るために

早稲田祭2017運営スタッフって?

来場者約18万人という日本最大級の規模を誇る早稲田祭。

この祭には早稲田大学及びその周辺地域に存在するさまざまな早稲田文化が一堂に会します。

これらを運営しているのが私たち早稲田祭2017運営スタッフ(以下運営スタッフ)です。
1年生から3年生まで約600人という大所帯ですが、「早稲田祭2017を成功させたい」という想いを一つに日々活動しています。

活動内容

運営スタッフは代表・副代表のほか、八つの局、その中でさらにいくつかのチームに分かれています。週に二度の局・チームミーティングと一度の全体ミーティングを行い、各局の活動を共有することで、「理想の早稲田祭」へと近付くことを目指しています。
さらに早稲田祭2017の運営だけでなく、毎年8月に行われるオープンキャンパスでの企画や早稲田地域の祭である地球感謝祭のお手伝いなどもしています。

ここからは各局の活動を紹介したいと思います。

参加対応局


早稲田祭2017の参加団体・参加者の募集及びその決定や、事前の説明会などを行っています。参加団体・参加者が滞りなく早稲田祭2017に参加するためには必要不可欠な部署です。

企画局

主に前夜祭や開閉幕を彩るOpening Festival・Ending Festival、1日目に行う大学周辺地域を練り歩くパレードなど、早稲田祭の中でも規模の大きなイベントを企画・運営しています。参加対応局が参加団体・参加者のステージや企画をサポートするのに対し、企画局はステージの構成などを一から行います。

開発局

「理想の早稲田祭」を実現するために、現在の早稲田祭の課題点と発見し、その解決に向けて新たな企画を考案しています。具体的には、今まで早稲田祭に関わりのなかった方々が参加できるような企画や、学内で行われているさまざまな研究の実践に早稲田祭を利用できるようにするなど、早稲田祭をより魅力的なものにするための活動をしています。

会場整備局

早稲田祭2017が安全かつ最適な状態で行われるように、警備やごみの回収・分別、当日使用する備品や電力の管理を行っています。祭当日は、他局の運営スタッフも会場の警備や来場者の対応を行うので、全ての運営スタッフが正しい対応を行うことができるように講習も開いています。

広報制作局

早稲田祭に対する、より多くの人の感動や共感を引き出すために、多様な角度から早稲田祭を「伝える」活動をしています。広報部門と制作部門に分かれており、広報部門ではメディア対応や記事の作成、制作部門ではキャンパス内や周辺地域に設置する装飾物や動画・Webページ・ポスターなど、さまざまな制作物のデザインを行っています。

会計局

早稲田祭2017の運営に必要なお金を管理しています。早稲田祭の予算は約3000万円と非常に額が大きいため、不正が行われないよう厳重なチェックを行っています。

渉外局

早稲田祭は大学からの資金援助を受けず、自主財源によって運営されているため、資金も自分たちで集めています。渉外局は企業や校友の皆様、さらに地域の方々に早稲田祭へのご理解をいただくために活動しています。

総務局

運営スタッフの有する人的・物的・情報資源の管理・活用を通して、運営スタッフ全体の活動を最適な状態にするための活動をしています。先ほど述べた全体ミーティングを運営しているのも総務局です。

所属してよかった点は?(早稲田祭2017運営スタッフ 代表 髙田あすかより) 

まず「日本一の学園祭づくりに携われたこと」が運営スタッフに所属してよかったと思うことです。

(1)多種多様な活動に支えられる学園祭づくり
「早稲田祭2017運営スタッフは“オーランサークル”なのでは?」と思ったことがあります。

企画の参加を募ったり、警備計画を書いたり、運営資金を集めたり、広報を行ったり、装飾物をつくったり、予算を作成したり……
このサークルに所属しているからこそできる活動は多岐にわたっており、そんな風に活動していると、ある意味“オーランサークル”と言っても過言ではないような気がしてきます。

大学生活でさまざまな経験を積んでみたかった自分にとっては、このサークルは願ってもない場所であり、私のようなタイプの人間には合っている場所なのではないかと思います。

(2)日本一の学園祭を創れること
日本一と判断するには、来場者数・予算規模・企画数・満足度さまざまなファクターがありますが、どれも他の大学さんに負けないものを持っている自負が私にはあります。

私は高校まで、文化祭に楽しく参加するタイプの人間でした。しかし、初めて目にした早稲田祭は、約18万人の来場者、予算500万円を超える大きなステージ、テレビの取材……と高校までの文化祭とはまるで規模が違ったんです。

お金と、人と、それだけのものが取り巻く2日間はそれだけ注目も集めます。

そしてそれ以上に、早大生がやっている祭だから、早稲田祭は熱量があるのではないでしょうか。

早稲田大学の校風をよく表した言葉として「在野精神」というものがあります。自分の好きなことを貫くという意味の言葉ですが、早稲田には在野精神にあふれた人がたくさんいます。そして、そのような人たちを「早稲田らしい」と愛する環境があります。

個性豊かな早大生が一同に会する場所。それが早稲田祭です。

「このような素敵な場所を創る手伝いができる」

これが運営スタッフに入って良かったことだと思います。

早稲田祭2017は、早大生にとって、来場者の方にとって……この祭に関わったことを幸せに思えるそんな心をつかんで離さない「一瞬」となることを約束します。
11月の紺碧の空の下、みなさまのご来場をお待ちしております。

告知

早稲田祭2017は11月4日(土)、5日(日)に開催します。

今年のキャッチコピーは『その一瞬に華ひらけ』です。

2日間という『その一瞬』に全力を注ぐ早大生の姿は、まるで一瞬にしてひらく華のよう。
パフォーマンスサークルによる圧巻なステージや、文化系サークルのこだわり抜かれた展示物、さらに個性豊かな飲食物の販売など、約460もの企画が行われます。

続きを読む

この記事は会員限定記事です

会員限定記事

アンケート

2017/10/18

【急募】アルバイト経験に関するインタビュー参加者募集

この度、t-newsのサービス向上のためにインタビューを実施します。インタビューではアルバイト経験についてお伺いし、皆さんの声に基づいてより大学生に寄り添ったt-newsにリニ...

 

キャリア

2017/09/27

【18卒限定!受講料無料キャンペーン】【未経験OK】1ヶ月短...

こんにちは。t-news編集部です。18卒の皆さんは、この秋、何をして過ごしますか。就活を通じてITに興味をもった方や、興味をもったけれども「スキルがないから」「文系だから」と...

 

キャリア

2017/09/24

【19卒/外コン・外銀インターン参加者限定】 実践的ビジネス...

日本の最上位層の学生を対象にしたインターンシップが10月28、29日に開催されます。皆様のご応募をお待ちしております!参加者全員に報奨金をお支払するのに加え、ご活躍に応じて優秀...

 

会員限定記事をもっと見る

てぃーすけ案内