• 大学生活
  • 2
  • 7252views
  • 2013/07/07

一人暮らしにサークルに飲み会に…やりすぎは禁物!?乱れがちな大学生活

はじめに

大学生になると、自由な時間が増え、サークルに飲み会にバイトに…と様々な課外活動に精を出す人が増えます。中には一人暮らしを謳歌する人もいます。ですが、あくまで大学は勉学の場。課外活動に精を出しすぎ、肝心の勉学に支障が出てしまった、という人も少なくないようです。今回は、「ついつい…乱れた大学生活」 というテーマで 、アンケートで寄せられた経験者の声を紹介します。

他人事でない、大学生活の乱れ

1.飲み会の翌日がつらい

二日酔いのまままた飲み会と毎日続き酒が抜けなかった。
(早稲田大学 先進理工学部 4年生 / 男性)
前日に飲みすぎて、二日酔いのまま学校へ。そのままほとんどの授業を寝てしまった。授業が終わっても気持ち悪いまま。
(早稲田大学 法学部 2年生 / 男性)
大学生だと家でのむことも少なくなく、家でのむと結構な割合でそのままオールとなってしまい、楽しくてついつい次の日朝からバイトがあってもオールしてしまいます。なにもない日ならいいんですが、バイト中に居眠りをしてしまい、よくないなあと思います。
(東京医科歯科大学 医学部 2年生 / 女性)

大学生なら1度は行ったことがあろう飲み会。夜に開催されるので、帰りも遅くなる上に飲みすぎると翌日に響いてしまいます。あまり調子に乗りすぎず、翌日のことも考えほどほどが一番なのではないでしょうか。

2.ついつい授業をさぼってしまう

一人暮らしだと朝起きられず、授業に出られない。
(一橋大学 社会学部 1年生 / 男性)
出なくても平気な講義はどこにでもあるが、入学してしばらくはちゃんと出たほうがよい。休み癖がついたせいで、冬になると寒くて布団から出られず前期以上に講義を欠席することになるため。
(法政大学 経営学部 2年生 / 男性)
中学高校と比べて非常に自由であるため授業に遅刻したり欠席したりすることが増えてしまう。特に早起きできなくなってしまう。
(東京大学 教養学部理科一類 1年生 / 男性)

大学の授業は、高校までと違って出席が求められることはあまりありません。そのため、授業に出なくなる人も多いです。ですが、あまりにも授業に出ないと中間課題や試験の情報が得られない、そもそも授業内容が全くわからない、ということになりかねません。せっかく努力して入った大学。ついついさぼってしまいたくもなりますが、授業でなるべく多くのことを吸収できると良いですね。

まとめ

いかがでしたか。自分は大丈夫と思っている新入生、そうそう!ついつい…と共感してしまった2年生以上の学生など、様々な人がいるのではないのでしょうか。大学生は自由な時間が多く、4年間ずっと規則正しく真面目な生活を送るのは難しいですが、貴重な大学生活を悔いのないように過ごしたいですね。

関連リンク 
 必要不可欠スキル!お金の管理に対する不安!
 一人暮らしを始めるときに注意すべきこと5選
  大学生は多忙!?サークルとバイトの両立はできるのか!?
  • 記事執筆:ほん
    都内の大学生です。教育学部で学んでいます。毎週行っている小学校へのボランティアが楽しいです!