• グローバル
  • 1
  • 1182views
  • 2015/01/28

NN2RにT+!? あなたも思わず使いたくなるメールで使える略語15選

はじめに

 前回に引き続き英語の略語を見ていきましょう。

 前回記事はこちら!
ASAP? JK? メールで使える略語をまとめてみました。

 今回見ていくものは全てacronymsと言われるもので、表現の単語の頭文字を取って並べたものです。日本語では頭字語と言われます。企業名などでも単語ではなく、ローマ字が並んだものはこの頭字語だと考える事が出来ます。

 NN2Rとは?T+とは?

 それではメールやチャット等で使えるacronymsを見てみましょう。

GA ⇒ Go ahead どうぞお先に
HAND ⇒ Have a nice day 良い一日をお過ごしください
IDK ⇒ I don’t know 分かりません
NN2R ⇒ No need to reply 返信不要
RSVP ⇒ Repondez s’il vous plait ご返事願います
   (フランス語から来ており、招待状等にもよく使われます)
TIA ⇒ Thanks in advance 予めお礼を申し上げます
  *Thank you in advanceを日本語の「よろしくお願いします」のつもりで書かれる方も少なくはないのですが、予め何らかの事をして貰う事に期待をしている=「強制している」様に受け取られる事もあり、人によってはあまり良くない印象を持つ場合もあるので注意が必要です。
HTH ⇒ Hope that helps これがお役に立つと良いのです
NBD ⇒ No big deal 大したことないよ
CM ⇒ Call me 電話して
LTNS ⇒ Long time no see 久しぶり!
AFAIK ⇒ As far as I know 私が知る限りでは
AKA ⇒ Also known as またの名を
OIC ⇒ Oh, I see そうなんですね
OTOH ⇒ On the other hand 一方、他方では
T+ ⇒ Think positive 前向きに考えよう

 

 他にもメールやチャットには多くの略語や頭字語等があります。また、中にはWTFのように、使うべきではないものもあります。こちらはWhat the F***で、こちらの単語はご想像通りの絶対に使ってはいけない単語です。

おわりに

 略語や頭字語は使いこなせるようになると便利な時もあります。しかし、使うタイミングや相手、そして意味をしっかりと理解していなければ良くない結果を生み出してしまう事もあるので注意をして使う必要があります。

 常にこの様な新しい表現方法は生まれていますので、アンテナを張っておく事も重要ですね。

関連リンク

単語の間違いが致命傷に!短い英語表現には要注意!
adって?tuxって?知っていると便利な英語の短縮形とは
フリーマーケットはfree marketではない!勘違いしやすい日本のカタカナ英語とは?

コラムニスト

宮園さん株式会社グローレン

代表取締役共同経営責任者

宮園 順光(みやぞの よりみつ)

10歳より高校卒業までをベルギーアントワープで過ごす。帰国後、上智大学比較文化学部を卒業し、英会話教室を運営する株式会社イーオンに入社、教務主任として数多くのクラスを担当する傍ら、外国人・日本人講師へのレッスン指導や様々な英語学習教材の開発に従事。その後マンツーマン英会話教室を運営するベンチャー企業の代表を経て、2014年株式会社グローレンに参画、共同代表として語学プログラムの監修およびコンテンツ開発の総責任者を務める。  

コラムニスト紹介

ロゴ

株式会社グローレン

日本発のグローバル人材を育成することをミッションとし、独自の能力診断ツールを用いて語学・ビジネススキル・異文化マネジメントの各種プログラムを提供。企業のグローバル人材育成のための仕組み作りと個の能力開発を支援している。

株式会社GROLEN ホームページ

新サービス「ほんやくびと」もスタート!

 

以前は翻訳会社向けに提供していたサービスをより簡単に使っていただけるようにしたクラウド型オンライン翻訳サービスであり、見積もりは無料で料金はその場で確認できます。
費用に合わせた発注が可能で、24時間365日ご依頼可能。最短30分から納品できます。
英語の論文が読めない…英語の宿題でわからないところが…なんて方はぜひ依頼してみてはいかがでしょうか? 詳しくはこちらより→ほんやくびと 

著者:宮園順光

10歳より高校卒業までをベルギーアントワープで過ごす。帰国後、上智大学比較文化学部を卒業し、英会話教室を運営する株式会社イーオンに入社、教務主任として数多くのクラスを担当する傍ら、外国人・日本人講師へのレッスン指導や様々な英語学習教材の開発に従事。その後マンツーマン英会話教室を運営するベンチャー企業の代表を経て、2014年株式会社グローレンに参画、共同代表として語学プログラムの監修およびコンテンツ開発の総責任者を務める。

会員限定記事

イベント

2019/03/25

【無料セミナー@名古屋大学附属図書館】今週木・金、元コナミ執...

名古屋大学 キャリアサポート室による緊急企画。少人数制、先着30名。昨今、多くの企業が社内研修で取り入れる「課題を捉える力」を一緒に学びませんか?今回実現した特別講座では、社内...

 

会員限定記事をもっと見る