• バイトあれこれ
  • 15
  • 34073views
  • 2015/03/01

【試験監督は本当に"楽"なのか!?】実際に試験監督をやってみた

実際に試験監督のバイトをやってみた話

大学生の間では、「楽」と噂されとても人気のバイトである「試験監督」。実際はどうなのでしょうか?そこで、今回は筆者(大学生)が実際に試験監督バイトにチャレンジしてみました。

※以下はあくまで個人の体験に基づいたものです。

 

→ そんなことより、すぐ求人を見たい!という方はこちら

 

まず、試験監督はどこで探すべき?

試験監督探しのイメージ画像

試験監督バイトを始める前に思うこと。それは「どこで募集されているのか」ということ。試験監督は人気なのですぐに募集が締め切られてしまいます。私はたまたまこのサイトで見つけることができました。

私が応募したのは、1日のみ勤務する案件でした。応募後は面接などはなくメールで当日の案内が来て、現地集合という形でした。ですので、当日バックれることはないようにしましょう。


試験監督バイトの流れをダイジェスト形式で紹介!

  • <筆者が経験した試験監督バイト概要>
  • ■日給:6500円
  • ■試験の種類:某有名中学生向けの模試
  • ■勤務時間:7:30~14:00(1日のみ)
  • ■持ち物:腕時計、印鑑 ※スーツ着用

AM7:30 現地集合

試験監督の朝は早いです。予定の時間に起きれたものの、慣れないスーツに悪戦苦闘した結果(特にネクタイ)、準備に意外に時間がかかりました。また、髪色が明るいところがあり、急遽黒スプレーで黒く染めました。そんなことをしていたら、余裕で間にあう予定がぎりぎりの到着。都内の高校が会場だったので、空き教室のようなところに集合でした。黒スプレーでごまかした髪色がばれないか心配。

AM8:00 説明を受け、教室で準備

集合場所に到着したら、すでにバイトの方が15名ほど集まっていました。バイトの人たちは私と同じく大学生と思われる方が多かったです。バイトたちはなにやら作業を始めてました。担当者の方に聞いてみたら、全員揃うまで試験で使う書類を教室ごとの枚数に仕分ける作業を手伝ってもらっている、とのことだったので私も手伝いました。

全員が揃ったら、全体で担当者の方から説明を受けました。説明自体は10分ほどで終わり、1日の流れ、注意事項、緊急時の対応などを説明されました。説明が終わったら、各自の担当教室が発表され、マニュアルや問題用紙などを持って各教室に向かうように指示されました。

教室のイメージ画像

自分の担当教室に移動したら、準備を開始します。まず、受験生が受験する教室がわかるように「A」とか「B」などが大きく書かれた紙をドアのところに貼ります。

次に、黒板にテストの時間割・注意事項を書いていきます(例 10:00~11:00:国語)。黒板に書く自分の字が汚すぎて何度も書き直すのはたぶん試験監督あるあるだと思います(違うかも)。

それを終えたら、志望校記入シート(志望する高校を記入する用のもの)を各机の上にお置いていきます。

以上で大体の準備は終了です。準備が早めに終わったら支給されているマニュアルを読み込み、流れを頭の中に入れておきます。受験生にとっては、進路を左右しかねない大事なテストなのでミスはできません。

AM 8:30 生徒を迎える

教室の準備が終わったら、いよいよ受験生を出迎えます。教室の前の廊下で生徒が来たら挨拶をして案内をするのですが、受験生の声が近づいてくるとなぜかとてもドキドキします。

廊下のイメージ画像

受験生が来たら教室が本当に合っているか確かめ、着席して志望校記入シートを書いて待っているように案内します。全員揃ったところで、試験についての注意事項などを説明します。説明に関しては、マニュアルがあるので基本それを読み上げればOKです。

AM9:00 試験開始 

試験が始まったら、「手を挙げている人がいないか」「不正行為をしている人がいないか」など教室全体を監視します。私は、試験中に手を挙げたのにいつまでたっても試験官が気づいてくれなくてイライラした経験が受験生時代にあったので、「手を挙げた人は絶対に見落とさない!」という想いで見ていました。(結局手を挙げる人は現れませんでした。)

試験は1科目60分で行われました。試験中は正直ヒマですが、居眠りをしたり、本を読んだりすることはNGです。

ちなみに試験官がトイレに行きたくなった場合は、廊下に別のスタッフに替わってもらいトイレにいきます。

試験中のイメージ画像

1時間目の試験が終わったら受験生は休憩です。その間に解答用紙を回収し、解答用紙の枚数や記入漏れがないかを確認します。それにしても中学生の休み時間はとてもにぎやかで楽しそうでした。

休み時間が終わったら2時間目の試験を開始します。2時間目の試験中に担当者の方が前の時間の解答用紙を回収しにきてくれました。

それ以降は4時間目まで以上の繰り返し。英語の試験の場合のみ、リスニングCDを流すという作業がありました。私は機械の操作に苦戦しとても焦ったので、試験が始まる前に確認しておくことをお勧めします。

AM13:00 試験終了

試験がすべて終了したら、受験生が帰るのを待って教室の片付けを行います。黒板を消す、試験前に貼った掲示物をはがす、床をほうきで掃き掃除などを行いました。最後に忘れ物がないか机の中などをチェックして終了です。

AM14:00 勤務終了

すべての仕事が終わったら、担当者の方のところに報告にいきます。特に問題がなかったので、給料(6500円)をもらいました。受け取るとき、ニヤニヤしないよう注意しました。給料をもらったらそのまま流れ解散で帰宅しました。帰りに渡された給料で肉まんを買いました。がんばった後の肉まんは最高です。

試験監督総括

試験監督のバイトを実際にやってみて、半日で終わる上、仕事自体は難しくなく楽だと言えるので人気なのも頷けました。しかし、受験している方からすると模試や試験は大事なものなので、責任を持ってしっかりとやらなければならない仕事でもあります。
また、今まで自分は”受験者”でしかなかった模試を”運営者”からの視点で見れるというのは貴重な経験となりました。「裏側」を見れたことは社会勉強になり、とても面白かったです。試験監督バイトに興味を持った方はぜひ応募してみてください! 

 

 

今だけ!大学生限定!t-news限定の教育バイト募集中 

■ 大学生限定!放課後の学校で働く「学習メンター」
・エリア:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
・時給:1500円~
・シフト:週1日からOK!忙しい人におススメ!
・特徴:放課後の中学校、高校で働くt-news限定バイト!
    大学受験の経験が活かせる中高生の受験を支えるオシゴト


試験監督バイトに興味がある人におすすめ!

→ 日給1万円以上の軽作業バイト

日給1万円以上×軽作業の求人を見たい方はこちら!
※バイトルページに飛びます
【関東】【関西】

 

手動更新!編集部厳選のイベントバイト!

人気求人なのでタイミングによっては応募が締め切られます。早めに応募はしてしまいましょう!

関東エリア


●[日給9,000円×日払い!] NEW
来社不要!15時終了!北辰テスト試験監督
@埼玉県内ほか東京にて約40~60会場

 

関西エリア


●[時給1,000円〜1,300円!] NEW
来社不要!日払い!単発☆小学生テストの試験監督
@豊中ほか多数


●[日給7,500円~!食事つき!日払い] NEW
面接なし!英検×試験監督!6/2限定!
@近江兄弟社高等学校ほか

最近チェックした記事

【試験監督は本当に"楽"なのか!?】実...

バイトあれこれ

  • 15
  • 34073views

最近チェックした記事をもっと見る