• グローバル
  • 0
  • 3125views
  • 2015/04/15

大手家具メーカーIKEA あなたは何と読みますか?

はじめに

英語を話している時に、正しく言っているつもりでも何故か通じなかったと言う経験はあるのではないでしょうか。それには様々な原因が考えられますが、一つの原因として、ほんの少し言い方が違ったからと言う場合があります。今日はそれらの、ほんの少し違う言い方が考えられる単語をいくつかご紹介致します。

国によって多少変わって来る事はありますので、今回はアメリカに限定して見ていきます。

前回の記事はこちら→アテネもウィーンも英語ではなかった!?間違えやすい英語の都市名まとめ

おしい!日本と少しだけ違う発音の英単語とは

1.カジノ(casino

ここ数年で日本からマカオのカジノへ行く人達が急増しましたが、この“カジノ”も実は英語では発音が若干異なります。siを濁らせず、そのままイタリア語のYesのようにスィーと発音します。よってcasinoの発音は、“カスィ~ノ”となります。

2.スキューバ(scuba

スキューバと言う単語を“海底に潜る”事だと捉えている方が多いのですが、実はこのscubaは自給気潜水呼吸器を意味する、self-contained underwater breathing apparatusの頭文字から来ています。そして発音ですが、こちらは通常スクーバと言います。

3.クロワッサン(croissant

フランス語で三日月を意味するクロワッサンですが、こちらの発音も異なります。Croissantは元々フランスからアメリカへも入って来ているので、名前もフランス語そのままです。よって、アメリカの訛りが入ってはいるものの、英語でもフランス語に似た発音となります。英語での発音は、クロッソーンの様になります。なかなか日本人には難しい発音になるのでクロワッサン好きの人は分かって貰えるよう練習をしましょう。

最後に二つ日本でも有名なお店の名前を取り上げます。

4. イケア(IKEA

日本でも人気の高いスウェーデンの有名家具店ですが、通常は日本と同じくイケアと言います。しかしアメリカでは少し言い方が変わるので注意が必要です。

アメリカではアイキーアと、最初のIをアイと発音します。

5.ゴディバ(GODIVA

こちらも日本で人気のベルギーチョコ専門店ですが、先ほどのIKEAと同じく、Iの部分が異なります。アメリカではゴディヴァとは言わずに、ゴダイヴァと呼ばれています。因みに本場ベルギーでの呼び方はゴディヴァです。

おわりに

この様に横文字の単語でもそのまま読んでも通じない事があります。それには様々な理由が考えられますが、今回のように、ほんの少しの違いで通じない事も日常茶飯事です。もし相手に通じなかった場合には、自分の英語力が足りないと考えるのではなく、今回の様な理由も考えられるので、何故通じなかったのかを検証してみる事が上達への第一歩かもしれませんね。

コラムニスト

宮園さん株式会社グローレン

代表取締役共同経営責任者

宮園 順光(みやぞの よりみつ)

10歳より高校卒業までをベルギーアントワープで過ごす。帰国後、上智大学比較文化学部を卒業し、英会話教室を運営する株式会社イーオンに入社、教務主任として数多くのクラスを担当する傍ら、外国人・日本人講師へのレッスン指導や様々な英語学習教材の開発に従事。その後マンツーマン英会話教室を運営するベンチャー企業の代表を経て、2014年株式会社グローレンに参画、共同代表として語学プログラムの監修およびコンテンツ開発の総責任者を務める。  

コラムニスト紹介

ロゴ

株式会社グローレン

日本発のグローバル人材を育成することをミッションとし、独自の能力診断ツールを用いて語学・ビジネススキル・異文化マネジメントの各種プログラムを提供。企業のグローバル人材育成のための仕組み作りと個の能力開発を支援している。

株式会社GROLEN ホームページ

新サービス「ほんやくびと」もスタート!

以前は翻訳会社向けに提供していたサービスをより簡単に使っていただけるようにしたクラウド型オンライン翻訳サービスであり、見積もりは無料で料金はその場で確認できます。
費用に合わせた発注が可能で、24時間365日ご依頼可能。最短30分から納品できます。
英語の論文が読めない…英語の宿題でわからないところが…なんて方はぜひ依頼してみてはいかがでしょうか? 詳しくはこちらより→ほんやくびと 

 

著者:宮園順光

10歳より高校卒業までをベルギーアントワープで過ごす。帰国後、上智大学比較文化学部を卒業し、英会話教室を運営する株式会社イーオンに入社、教務主任として数多くのクラスを担当する傍ら、外国人・日本人講師へのレッスン指導や様々な英語学習教材の開発に従事。その後マンツーマン英会話教室を運営するベンチャー企業の代表を経て、2014年株式会社グローレンに参画、共同代表として語学プログラムの監修およびコンテンツ開発の総責任者を務める。