• 学業
  • 0
  • 3108views
  • 2013/09/02

【学問紹介】刑務所は、治安を良くする?!

昨日の常識は、今日の非常識?!…常識を覆した研究

私のゼミでは刑務所と周辺地域の関係性をテーマに取り扱っておりますが、研究の結果、刑務所の周辺地域は治安が良いことが明らかになりました。

理由は2点あります。1点目は刑務所側の監視体制機能が働いているからです。多くの刑務所では監視カメラ・看守を塀周辺にめぐらせており、犯罪を起こしにくい環境になっています。

2点目は、刑務所・周辺地域にとって「招かざる客」、つまり暴力団関係者の睨みが効いているからです。映画で漫画の世界で見たことがあるかもしれませんが、暴力団に所属している受刑者の出所・入所時には「お見送り(またはお迎え)」がツキもの。ズラッと刑務所前には黒塗りの高級車が並び、周囲を威圧する図がしばしば生じます。結果として、小犯罪(ひったくり等)の発生を牽制している、と明らかになりました。

国際社会において核兵器が和平状態をもたらしている「核の抑止力」同様に、刑務所が安全をもたらしている状態は一種の矛盾だと言えるかもしれません。

 この学問を学べる分野は?

都市社会学

騒音、地価高騰、住宅過密など都市ならではの諸問題の緩和策などを研究する学問。

おすすめポイント

専攻していて良い点・面白いは2点あります。
まず、日常で身近に接している生活環境が研究対象なので、学問への距離感・敷居は感じません。
そして
、研究の結果(騒音問題等)が日常生活の改良に繋がるケースもあるため、「役立っている感」も得られます。

ゼミ・研究室の研究内容紹介

刑務所が周辺地域にどのような影響(印象面・経済面・治安面)を及ぼすのか、研究しています。
昨年には広島刑務所・府中刑務所に出向いてフィールドワークを行いました。

(一橋大学社会学部社会学科4年)

  • 記事執筆:ジャガー
    都内の国公立大学に通う大学生です。
    就職活動が終わり、現在はサイクリングにあけくれる日々を過ごしています。

あなたの身近な社会から学問を紹介!

このコーナーでは、t-newsで大学3年生以上・大学院生を対象に実施したアンケートを基に、各人の学問・専攻の面白さや、おすすめのポイントを紹介していきます。一見とっつきにくい大学の学問を、私たちの身近にある問題・社会と絡めてわかり易く解説します。授業の履修・専攻分野の決定や、他分野への理解にぜひお役立てください!

その他の「学問紹介」はコチラ