• バイトあれこれ
  • 2
  • 18390views
  • 2018/11/18

1日のみで10000円以上?!試食バイトがおいしいワケ。

スーパー_バイト

 

目次

1.【すぐ応募したい人向け】試食バイト基本情報まとめ
2. 働く場所の種類とは?
 大型商業施設:他のお店もやっているので心理的に楽
 一般スーパー:お客さんに覚えてもらえる
3. 勤務時の身だしなみはどんな感じ?
 服装:白シャツ&チノパン
 髪色:黒髪&長い場合は束ねるのが無難 
 ネイル:禁止
4. 接客時に気をつけるべきことは?
 子供に注意
5. 試食バイトに向いている人とは?
 コミュ力と粘り強さ
6. 試食バイトのメリット・デメリット
 メリット:高時給、シフトが組みやすい   
 デメリット:少し孤独、担当者が冷たい場合も
7. 試食バイトの一日
8. 試食バイトQ&A
9. おわりに 

 

 


1. 【すぐ応募したい人向け】試食バイト基本情報まとめ

  • ・給与:日給8000円~15000円(交通費支給が多い)
     
  • ・勤務場所:大手スーパーからデパ地下までさまざま(都合のよい場所で)
     
  • ・長期or短期(一日のみの短期バイト)
  • ・服装:ワイシャツにチノパンなど(私服だが指定があることが多い)
  • ・持ち物:昼食、飲み物、メモ、立替金、調理器具(まな板、包丁、ハサミなど)、エプロン、三角巾、マニュアルなど(基本的に支給されます)

 

→ すぐにおすすめ求人を見たい方はこちら

 

 

 

2. 働く場所の種類とは?

 働く場所は大型商業施設と一般的なスーパーの二つに分かれます。

場所によって特徴があるので以下を参考にしてください。

 

大型商業施設

  大型商業施設は自分が担当する売り場、お店以外でも試食コーナーを設けています。

そのため自分以外も試食販売を行ってるので、大きいことを出すことは初心者のうちは多少抵抗があるかもしれませんが一般的なスーパーに比べればやりやすいと思います。 

 

一般的なスーパー

 一般的なスーパーでは大型商業施設とは違って試食販売を行っているのはおそらく自分一人だけなんてことも多いので初めのうちはつらいかもしれません。

一方でお客さんに覚えて、話しかけてもらえる可能性は圧倒的に高いと思うので、やりがいで考えればこちらの方があるかもしれません。 

 

 

3. 勤務時の身だしなみはどんな感じ?

  • 服装:白シャツ&チノパン
  • 髪色:黒髪&長い場合は束ねるのが無難
  • ネイル:禁止

 

食品を扱う職業なので清潔感が大切です!

服装は白シャツ&チノパンが良いでしょう。またお店ごとに指定される場合もあります。

髪が長い場合はしっかり束ねましょう。

また髪色は厳しいところだと茶髪は禁止の場合もあります。

当然ネイルは禁止です。爪の長さにも気をつけましょう。


4. 接客時に気をつけるべきことは?

 

スーパー_バイト

 

一番気をつけなくてはいけないのは「子供」です!

詳しくは後述の試食バイトの一日でも説明させていただきますが、ここでは簡単に。

ウインナーなど焼くことなどの場合、子どもが誤って熱いプレートに触って火傷をするかもしれません。

また何らかのアレルギーを持っている可能性もあります。

子供は無邪気なので間違いを起こしやすく、また親御さんからクレームをもらう可能性大です。

なので親御さんがいないときは、子どもに試食をあげないほうが良いでしょう。 


5. 試食バイトのメリット・デメリット

  • 試食バイトのメリット
    ・何と言っても高日給。一日のみも。
    ・忙しくて固定のバイトに入れない学生にも◎。
  • ・人に話しかけるのが得意になる!

     試食バイトのデメリット
  • ・ひとり仕事なのでお客さんが来ない場合少し孤独
    ・立ちっぱなしで意外と体力を使う

 

デメリットとしては孤独な面と体力を使う面があるようです。

とは言ってもお客さんがこない間に多少気を抜くことができるのである意味休めそうです。

メリットの部分はかなり大きいのではないでしょうか!

大学生にとって、高時給とシフトの入れやすさはかなり良いですよね。

時給が高いことは言わずもがな、テストに臨機応変に対応できるのは心強いですね!

個人的にこの試食バイトはかなりおすすめできます!

 

試食バイトを探してみる!
【関東】【東海】【関西】
【北海道・東北】
【甲信越・北陸】
【中国・四国】【九州・沖縄】

 

 

6. 試食バイトに向いている人とは?

 

ズバリ「人と積極的にコミュニケーションを取れる人」です!

試食販売はやはりお客さんに声をかけてなんぼな部分があります。

まずはその部分で抵抗がある人は試食バイトは難しいと言えるでしょう。

またその上で「どのような商品なのか」の説明をしなくてはいけません。

コミュ力が重要ですね。

加えてなかなか売れない時も往往にしてあると思われます。

そんな時に心が折れることのない粘り強さを持っていることも大切です!

逆に言えば特に積極的にコミュニケーションを取ることに抵抗がある場合はかなり厳しいかもしれません。

ですが克服という観点で言えばむしろ挑戦してみることはありかもです!


7.試食バイトの一日

 

スーパー_バイト

 試食バイト、見たことはあるけれど、実際にどんな流れなのか想像がつかない方も多いと思います。

そこでここではより具体的に、スーパーでのウインナー(あるある 笑)の試食販売の一日を紹介したいと思います!

 

09:25 入店

この日は10:00からの勤務なので、30分前には入店します。

大抵、従業員入口から、入店許可を得て入ります。

店によっては従業員入口がとてもわかりにくい場所にあることもあるので、少し早めに到着するようにしていました。 

 

従業員入口はわかりにくい!

早めに到着を!

 

  

09:35  担当者に挨拶

 店に着いてすぐに、担当の方に挨拶に行きます。

「おはようございます!○○から試食の販売で参りました。どうぞ宜しくお願い致します。」と挨拶します。

担当の方の反応はさまざまで、「ああ、マネキンさん(業界用語で宣伝販売する人のことをいいます)ね、よろしく~」

なんてすごく愛想良く対応してくださる方もいれば、挨拶しただけなのに、「忙しいから後にして~」なんて言ってくる方もいました(しかもそういう担当のいる店に限って客の入りは大したことがない 笑。

内心「はぁ?」と思っていましたが、「お忙しいところ恐縮ですが…」なんて言って無理やり必要なことを聞き出していました。

ここで聞いておかなければならないのは大体以下のことです。

 

  • ・どこで試食販売すればよいのか
     
  • ・キット(試食台など)はどこか
     
  • ・店頭でできない調理のためのキッチンはどこか
     
  • ・昼休憩の場所はどこか、勝手に行っていいのか、許可を取るのか
     
  • ・終了時担当者はどこにいるのか(サインをもらうため)

 

何度も聞きに行くとますます嫌な顔をされることがあるので、一気に聞いてしまうことをこころがけていました。

無愛想な担当者に当たることも!? 

めげない!しょげない!

  

 

10:00 試食販売開始

 規定の時間になったら試食の提供を開始します。この日はウインナーの試食だったので、ひたすらウインナーを切り、焼き、切り、焼き…。

そしてとにかく笑顔で元気に明るく、大きな声で「お弁当にぴったり!○○~、○○のウインナーはいかがですかあ!」なんて呼びかけます。

店頭では安全のため包丁を使えない店も多いので、キッチンはさみを使ってウインナーを切ります。

ちなみに、包丁やキッチンばさみ、まな板などは持参しなければならないことが多いです。試食販売のバイトの持ち物はこちらにまとめたのでチェックしてみてください。

 

とにかくニコニコ! 

大きな声で元気に明るく!

  

  

13:30 お昼休憩

 場所にもよりますが、だいたいお昼過ぎにお客さんが減ってくるので、ここで昼休憩をとります。

休憩前に、試食台に食品や危ないものを残さないよう片付けます。

休憩は、勤務場所内の休憩室でコンビニで買ったお弁当などをぼーっと食べることが多いです。

休憩室休憩室はパートのおばちゃんなどで混雑していることも多いですが、何とか席を見つけて足を休め、水分補給もして喉をうるおします。

食べ終わったらスマホをチェックし、ダラダラしていました。

ちなみに、某倉庫型大型スーパーなどでは休憩時間が秒単位(!)で計られます。

詳しくはこちらをご覧ください。 

 

試食台をしっかり片付ける!

休憩でしっかり休むべし!

  

14:30 勤務再開

 1時間たっぷり休んだら、勤務再開。

ここから勤務終了まではノンストップ!

買い物に来た家族連れや主婦で、店内が一番混雑する時間帯です。

ウインナーをひたすら切って焼いて切って焼いて…。

いい匂いにつられて、家族連れからおばあちゃんまでパクッと食べていきます。

「なんか試食のウインナーっておいしいのよね~」 なんて言ってくれる方がいたらチャンス

「焼きたてはおいしいんですよ~」とか、「こういう油使うとおいしいんですよ~」なんて会話を広げていきます。

と、ここで気をつけなければならないお客さんが。
5,6才の男の子がひとりでやって来て、ウインナーに手を伸ばしているではありませんか!
あげてしまいたいところですが、これは絶対にやってはいけないNG。

 

「ぼくちょっと待ってねー。お父さんかお母さん連れてきてくれる?」と声をかけます。

 もしこの男の子がアレルギーを持っていたりしたら大変なので、保護者がいないお子様に提供するのは絶対にNGなのです。

 この男の子はお母さんを連れてきてくれたので、この後は親子合わせて3切れほど試食してもらい、買ってもらいました。

 

子どもがたくさん食べると、お母さんの方が買わないと気まずくなるらしく、買ってくださるのです。なので親子連れにはガンガン勧めます(笑)。 

 

お客さんに合わせたトークを展開

ガンガン売っていく!

アレルギーに注意!

 

19:00 勤務終了 

終了時間になったら片付け、調理器具などを裏で洗って退店します。

このときに販売個数の集計もするのですが、たくさん売れた日にはちょっと嬉しくなります。

お給料は変わらないとはいえ、やはりやりがいを感じますよね。

最後に担当の方にサインをもらって退店! 売れたときは、「また来てね~」なんて言ってもらえることも。

1日で10000円ほど稼げることが多いので、気分もルンルンです。

  

やっぱり売れたら嬉しい! 

だいたい19時頃に帰れる!

 


8. ここが知りたい!試食バイトのススメQ&A

Q1.配るコツって?

 配るコツはいろいろありますが、まずは元気に明るく大きな声で宣伝を行うことだと思います。

それから意外と重要なのは、商品のターゲットに合わせた対応をすることです。

例えばお子さんが好むようなお菓子やジュースなどの場合、子どもにどんどんあげちゃいます(もちろん保護者の方がいるときだけです)。

世のお母さんは、子どもがたくさん食べてしまうと、「買わなければ…」という思いに駆られるようで、買ってくださるからです(笑)。

また、おじいちゃんおばあちゃんは孫に甘いことが多いので、孫が「おいしい-!」と喜んでいるとたいてい買って行ってくれます。

加えて主にお父さん世代をターゲットにしたビールやチューハイなどをPRする際、お店の人に「ぶりっ子なくらいでいっちゃって!」と言われたことがあります(笑)。このあたりの対応も、腕の見せ所です。

 

Q2.ノルマはあるの?

 まずありません!

 売り上げ目標のようなものは教えられることもありますが、それを達成できなかったからといって減給になったりすることはないです。

 

Q3.仕事は一人でやるの?

 一人でやる場合がほとんどです。

たまに大きな試食コーナーを設置して、イベントのような感じで複数人でやることもありますが、まれです。

  

Q4.おすすめの会社は?

 試食のバイトは派遣という形で勤務します。

なので、給与などすべての勤務条件において登録する会社選びがとても重要になります。

地域によっても変わってくるので「この会社がいい!」とは一概には言えませんが、会社選びのポイントをお教えします!

 

  1. 派遣会社のスタッフの対応が良い

    どんな派遣会社でもそうですが、スタッフの対応が悪い会社は、何かトラブルが起きたときの対応もよくないことが多いです。

    登録しに行った際の対応があまりにも悪ければ、登録せずに帰ったほうがいいでしょう。

     
  2. オフィスが自宅から近い

    調理器具の貸し出しや給与の受け取りなど(銀行振り込みのところもありますが、手渡しの会社も多いです)、派遣会社のオフィスに行く機会はわりとあります。

    自宅のそばにオフィスがなくても、定期圏内にあるなど、行きやすい場所にある会社で登録するのがいいと思います。

     
  3. 報告などが面倒くさすぎない 

    派遣だとどの仕事もそうだと思いますが、多かれ少なかれ勤務の状況を報告することが出てくると思います(勤務地に到着したとき、仕事が終わったとき、どれくらい売れたかの事後報告など…)。

    この報告の方法やどの程度詳細まで報告するのかも会社によってさまざまです。

    できるだけ楽な会社を選ぶと良いでしょう。 

   

Q5.試"食"or試"飲"どっちが楽?

 私は圧倒的に試飲かなと思います。試食は調理をしなければならないこともあるので持ち物も多くなり大変ですが、試飲は基本的に小さなコップに注いで渡していくだけなので楽です。 

ただ、ワインなどアルコール類の場合は、前日に知識を詰め込む必要はありました。

 


試飲バイト

 

Q6.コストコの試食販売ってどうなの?

 コストコは何だか体育会系のノリがあったように思います(笑)。普通に頑張っていればいいのですが、前に声が小さくて帰らされた人がいるという話も耳にしました。

 休憩も、なんと行くときにストップウォッチを渡されて秒刻みで計られます。しかもエプロンを着る時間などもその休憩時間に含まれるのでちょっと怖かったです(笑)。1分でも過ぎたらどうなっていたのでしょう…気になります。

 ただその分担当者もよく見ていてくれて、ちゃんとやっていればとてもノリ良く笑顔で褒めてくださるので、その点は楽しかったです。

 

Q7.イオンの試食販売ってどうなの?

 イオン系の大型店舗は総じて働きやすかったように思います。担当者はすごく忙しくて勝手にやってくれという方や、わざわざ設置を見にきてアドバイスをしてくださる方までさまざまでした。

 イオン系のいいところとして、店舗内の通路が広いので提供しやすい。そして休憩室も広い。のびのびと休むことができます。ただ、広すぎて休憩室や調理場がどこかわからず迷う苦労は何度かありました。

 また、お客さんも特にファミリー層ばかりだったので、勧めやすかったです。

 

Q8.男性でもできる?

 やはり女性が多い印象ですが、募集を見ていると男性も活躍中!ということなので、男性だからダメ、ということは全くないと思います。


特におばさま方には若い男性のほうがウケがいいのでは?と思います。ビールや発泡酒など、男性が多く買っていく商品は、女性がPRしたほうが売り上げが伸びるそうなので…。

 

 

9.おわりに

 試食販売のバイトについてあれこれまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?とにかくこのバイトは、高日給、単発で稼げるというのがポイントかなと思います。

 授業が忙しくて固定のバイトに入れない人、また長期休みだけガッツリ稼ぎたい!なんて人にもおすすめです。

みなさんもぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

  

 

 

もっとお役立ちコラムや、厳選求人を見たい方へ!

 会員限定メールマガジンにて、編集部が厳選した、家庭教師ほか・非公開バイト求人情報を掲載中。気になる方はぜひご登録を! 

 


塾講師ステーション送客