• バイトあれこれ
  • 5
  • 7883views
  • 2017/10/16

教育バイト=カテキョ/塾だけじゃない!放課後の学校で働く新しい教育バイト「学習メンター」のご紹介

教育バイト 学習メンター

大学生に親しみのある教育バイトといえば、「塾講師」「家庭教師」などがよく思いつくでしょう。しかし、大学生におすすめしたい教育バイトはそれだけではありません! 今回は首都圏内の学校を舞台に働く、「学習メンター」のお仕事をご紹介します。学力を活かした仕事がしたい、生徒のためになる仕事がしたい、そんな思いを持ったあなた! 学習メンターも選択肢の一つとして考えませんか? 

1. 塾講師でも家庭教師でもない「学習メンター」とは?
2. どんなことをするアルバイトなの?
3. 5人の現役学習メンターの声
4. 生徒様の声
5. 現在募集中の案件

◆塾講師でも家庭教師でもない「学習メンター」とは?

教育バイトの勤務地のイメージ

学習メンターとは、株式会社トモノカイが首都圏の中学校・高等学校向けに運営している放課後学習プログラムで働く大学生の総称。t-news限定でご紹介している案件の一つです。

そんな学習メンターは、生徒様にとっては先生でもなければ親でもない「ナナメの存在」としてさまざまな生徒様の学習サポートをしていただくお仕事です。

塾講師や家庭教師との一番の違いは、学習メンターの目的が「生徒様の自ら学ぶ力(=自学力)を育成すること」にあるところ。大学受験合格だけを目的とするわけでも、ご家庭の方針に合わせて生徒様を導くだけでもなく、生徒様の心によりそい、生徒様が自分で目標を立ててその目標を達成しにいく姿勢を育むことが目的となります。

生徒様の気持ちに寄り添い、ときには「よき指導者」として、またときには「一歩先の未来を歩む先輩」として、生徒様のサポートをするお仕事です。


◆どんなことをするアルバイトなの?

教育バイトの勤務イメージ 

仕事の内容は、大きく分けて「個別指導(自習指導・面談)」と「集団講義(ゼミ・プログラム・イベント)」の2つです。

学習メンターは、学校様のニーズに沿ったプログラムのもとで仕事をします。よってプログラムの細かな内容は学校様ごとに違い、自習室での質問対応が8割、大勢の生徒さんを前にしたイベントが2割の勤務校もあれば、毎勤務ごとに放課後学習プログラム独自のゼミのファシリテーターになっていただく勤務校もあります。

しかし、それぞれ会社の作ったカリキュラムだけに沿って指導したり、反対に1から自分で指導案を作ったりする仕事ではありません。お願いするお仕事のなかで、生徒様の時々にあった工夫を学習メンター同士で考えながら進めていくことが多々あります。

現場デビューをすれば、学習メンターは誰よりも生徒様に近い存在となっていくのです。

過去には高校の生徒会と協力をして学校中を巻きこんだ進路イベントを実施したり、数学オリンピックに力を入れている学校様のニーズに合わせた理系限定プログラムができあがったり、最近では私立校に留まらず行政の依頼で公立高校でも学習サポートが決まったりと、年々学習メンターの活躍の舞台・かたちは多様に広がっています。

友だち追加


◆現役学習メンターの声

現在学習メンターには約600名の学生が登録しています。担当校を持つ一人ひとりが、さまざまな思いをもって活躍していますので、ぜひその中の数人の声をお聞きください。

教育バイト 学習メンター

面談と小論対策で学校史上初の快挙を達成!生徒の喜ぶ顔がエネルギーの源泉です

▽Aさん(立教大学大学院・女性・東京)
難関私立大学の合格を目指す生徒さんを対象に、毎週個別面談を実施しました。受験に関する様悩みや不安は生徒様それぞれ、一つひとつ向き合ってきました。自習サポートでは学習メンター一丸となって小論文・面接対策なども実施。生徒さんのニーズを汲み取っては社員さんに相談し、すぐ実行できるよう動きました。
その結果、前年は合格者が0名だったG-MARCH以上の大学に、プログラムに参加していた生徒様が合格!学校全体としても大幅に進学実績を上げることができ、感謝されました!


雑談も大切な時間。人と人との関わり方をしながら自分らしく信頼関係構築しています

▽Bさん(早稲田大学・男性・東京)
僕は普段、学習メンターとして中学生の自習サポートをしています。学校で毎週でる課題について質問をくれる子もいれば、ただ話したいと会いにきてくれる子もいます。「雑談」というのも意外と大事なコミュニケーションで、その時間を通して信頼関係を培ってきました。掛け持ちしている塾講師の仕事では雑談はあまりできません。程よい距離感を持ちながら、人と人の関わりができるところがこの仕事の面白みです。


先生と生徒ではなく、生徒さんのお姉さんという立場でいるようにしています

▽Cさん(津田塾大学・女性・千葉)
生徒さんと接する時、先生という立場からだと、どうしても「先生として自分を見せなきゃいけない」という意識が働き、生徒に言えないこともあると思います(教育実習でもそうあれと言われました)。でも、メンターは先生とは違います。生徒さんからは「先生には言いにくいことも、ちょっと歳の離れたお姉さんだから質問してみよう・相談してみよう」と思ってもらえることがメンターの持ち味だと思っているので、メンターにしか出来ない振る舞いを心がけています。

たとえば生徒さんの質問に対しても、自分が苦手なところは「それ私もできなくて苦労したんだよね。」と自分の失敗経験を踏まえてアドバイスをしたり、その場で答えられない時は「わからない」とちゃんと言って、他のメンターに聞いたり本やネットで調べたりしたことを後で回答として示しながら、自分の学ぶ姿勢を見せ、そうしたコミュニケーションの中で一緒に切磋琢磨して行きたいと思っています。


生徒会企画イベントのアドバイザーを経験!実施後には、思わず一緒になって喜んでいる自分がいました

▽Dさん(慶應義塾大学・女性・神奈川)
生徒様からの「大学生から直接大学について話を聞きたい!」という声から、企画がスタート! 全校生徒から大学生に聞きたい質問をアンケートから取材まで生徒様が一貫して企画を行いました。私も学習メンター兼アドバイザーとして、実際に生徒様と一緒に大学をまわり、カメラ片手にインタビューをしました。
どうしても「やらされ感」が出てしまう学校の進路行事ですが、終始その様子がなく最後は想像以上の参加者数を記録。主体はもちろん生徒様ですが、あの経験と生徒会メンバーの零れ落ちそうな笑みは忘れられません。


過去の挫折を活かせる仕事!

▽Eさん(東京大学大学院・男性・東京)
勉強のモチベーションをあげるためのゼミを開いたことが印象的です。たとえば学習計画の仕方や、効率的な暗記の仕方など、自分が受験生だった頃を思い出しながら生徒様に伝えたところ、想像以上の反響がありました。考えてみれば高校生だった頃の自分も同じような悩みを抱えていた時期がありました。大学院生になると生徒様と歳は離れますが、学校抱える悩みや勉強に対する不安は共通なのかもしれません。

◆生徒様の声

教育バイト 学習メンター 生徒

関わる生徒様の人数も年々増えています。

そんな生徒様からは、以下のような声をいただき、学習メンターへ還元しています。

ニガテな現代文でクラストップに!クラス順位27位からの大逆転で自信UP★

Lさん
家で勉強ができない自分を変えたくて参加しました。休まず参加しているので勉強時間が圧倒的に増加し、一番悪いときは27位だった成績が一気に6位まで上がりました。中でも嬉しかったのはニガテな現代文でクラス1位になれたこと。自信に繋がりました!


モヤモヤがすっきり、自習が楽しい!メンター教室は、疑問が解決できる場所

Mさん
以前に塾へ通っていたときは、わからない問題を質問したくても「何がわからないのか」を言葉にできず、モヤモヤした経験をしました。しかし、この教室に参加してからは、みんなが自由にしている質問を通して自分のわからないことを解決できる機会が増えました。今はテスト前にも参加したいくらいで、自習に対する認識も「わからないことばかり増える時間」ではなく、「こんなにも理解を深められる時間なのだ」と考えられています。


メンターは何でも話せるお姉さん。1週間のスケジューリングでやる気UP♪

Nさん
私の担当をしてくれるメンターさんは、優しくて話しやすくて大好き!面談では毎回1週間のスケジュールを相談し、それに沿って自習を進めています。自分を知ってくれているメンターからのアドバイスで学習し、わからない教科でも気軽に相談できることが心強く、数学などでは点数もUP!もっと頑張ろうとやる気が出ました。



◆さいごに

学習メンターは「一歩先を歩く先輩」であり、「いつかは離れる補助輪のような存在」でもあると考えます。

教育に思いを持っている方、ご自身の受験経験を活かしたサポートをしたい方、1から寄り添って育てていくことに興味をお持ちの方、ぜひ一緒に教室を作っていきましょう!

 

採用時にご案内!LINE@で事前登録しよう!

学習デザイン部門では、学習メンター採用を年に数回実施しています。

採用期は不定期ですので、ご興味のあるかたはこちらのLINE@をお友達追加してお待ちください!

みなさんにお会いできることを楽しみにしています!

友だち追加

※こちらのボタンをクリックすると、LINE@の弊社アカウントへジャンプしますの、そちらから追加をお願いいたします。PCで閲覧中の方はQRコードが表示されますので、そちらを読み取って追加してください!

富永みずき

著者:富永みずき

トモノカイ学習デザイン部門。教材開発とマーケティング、メンター&キャスト採用担当。好きな食べ物はハンバーグとオムライス(よく「お子様ランチか!」とつっこまれます)。どうぞよしなに。#ミライの先生コミュニティ #LINE@ID:@uam1939i