• バイトあれこれ
  • 0
  • 103views
  • 2018/09/12

【塾講師バイト】採用される志望動機ってどんなの?履歴書の書き方を例文で紹介!

塾講師バイトに採用されるための志望動機とは?

志望動機とは?

いざ塾講師を応募しようと思っても、志望動機が思い浮かばなかったり、
履歴書の書き方がわからない方は多いのではないでしょうか?

今回は、塾講師バイトの履歴書の書き方から志望動機を、
実際に塾講師に採用された方の例文と共にご紹介します!

  

私服OK、大学生歓迎など独自の検索項目が充実!
塾講師探すなら、t-newsの姉妹サイト「塾講師station」で探そう!

 

 

【目次】

 

 

1. 塾講師バイトの志望動機の書き方は?

塾講師の志望動機で多い内容

志望動機は、以下のことが書かれている必要があります。

  • ・なぜ塾講師になりたいと思ったのか 
  • ・どんな経験が塾講師としての指導に活かせるか
  • ・どんな教科を担当したいか。それはなぜか
  • ・相手(=生徒さん)にどうなってもらいたいか
  • ・これらを裏付けるエピソード

全てを網羅している必要はありませんが、どの事柄も詳細に書きましょう。

特に「なぜ塾講師になりたいと思ったのか」 という質問は面接でも聞かれるのでしっかりと考えましょう。

 

志望動機を考える上で大切なのは、
「採用する側の目線に立つこと」です。

 

採用する側は、塾講師の適性があるかを見ています。どんな教え方をするか想像ができなかったり、とにかくラクをしようとすることが見え透いている志望動機は避けましょう。

 

採用された塾講師の志望動機を見てみる

 

 

【塾講師】+aでアピールできる志望動機

絶対に必要という訳ではないですが、志望動機を考える上で以下の事柄についてはアピールポイントになります。

この中に当てはまるものがあれば、志望動機の欄に記載すると良いでしょう。

 

■中学/高校受験を経験している

生徒さんの中には、中学や高校受験をしようと考えている方も多いです。
どの塾でも受験経験が豊富な方は重宝されるようです。


中学受験の経験がある方は、受験で培った勉強方法が実際の指導に活かせることをアピールすると良いでしょう。

 

■受験科目が多く、担当できる教科が多い

塾は人が足りないので講師を募集しています。担当できる教科が多ければ多いほど担当できる生徒さんも多くなるので、アピールになります。


「大学受験で数学は受験しなかったが、小中学生の算数/数学なら指導できる」 といったように、自分の担当できる科目はしっかりと記載しましょう。


多くの科目を受験する中でどのような配分で勉強をしていたかなど、自分の経験とそれが塾講師の指導で活かせる点をアピールできると良いでしょう。 

  

人気の条件で塾講師バイトを探す

 

2. 【あなたはどれに当てはまる?】採用された志望動機の例文

 志望動機を考える上で大切な要素は以下の通りです。

  • ・なぜ塾講師になりたいと思ったのか 
  • ・どんな経験が塾講師としての指導に活かせそうか
  • ・どんな教科を担当したいか。それはなぜか
  • ・相手(=生徒さん)にどうなってもらいたいか
  • ・これらを裏付けるエピソード

 これを踏まえ、実際に採用された塾講師の志望動機を見てみましょう。

あなたはどの志望動機に当てはまるでしょうか?


■自分の受験経験を活かしたい
私は自分の受験の経験を活かしたいと思い応募いたしました。
私は大学受験の際に自分で勉強計画を立てたり、どうすれば志望校に合格できるかなど、自分で勉強方法を考えた経験があります。具体的には、多く勉強することで量をこなしたり、また長く集中できるよう工夫するなどです。そこで培った自分の勉強計画の立て方や勉強方法が生徒の役に立って欲しいと思い、応募させていただきました。

最初に志望動機を一言で伝え、それを裏付けるエピソードを掲載しています。最後の文では自分が塾講師になる上で何を提供できるかを書いています。

 

■勉強が嫌いだった自分の経験が役に立つ
勉強が苦手な生徒に自分のやり方を伝えたいと思い応募しました。
私は高校受験をしましたが、あまり勉強をしたくはありませんでした。しかし、嫌いな勉強をどうすれば効率よく終わらせることができるか、どうすれば好きになれるかなどを模索し自分で勉強方法を確立しました。個別指導は勉強をするのが苦手な生徒様が多いと思いますが、私がそうだったようにやり方次第でその姿勢は変わると思いますし、そのノウハウを提供したいと考えています。

塾講師の指導で活かすことができるのは、得意なことばかりではありません。苦手を克服した経験もまた、良いアピール材料になります。

他にも、難関大学を受験して失敗した経験を書き、「生徒に自分と同じ経験をして欲しくないので応募した」という理由も、志望動機としては十分でしょう。


■お世話になった恩を返したい
私は高校卒業後、河合塾で1年間の浪人期間を過ごしました。
その時にチューターや講師の方々にお世話になり、いつかその恩を返したい、と思っていました。
そこで、今回塾講師の募集を知り、応募に至りました。
また、私自身、受験期に成績が伸び悩み、辛い思いをした経験があります。
このような経験を、同じような境遇にあるであろう受験生のために活かしていきたいです。

自分が通っていた塾に講師として応募する際や、通っていた塾と同じ会社の塾に応募する際に有効な志望動機です。最後に、自分の経験をどんな風に指導で活かしていきたいかを記載している点も高評価です。

 

■教員を志望しているので、実戦経験を積みたい
私は、中学または高校の教師になることを目指しているので、 塾でアルバイトをしようと思いました。 初めてだったので個別指導の塾を探していました。 そして明光義塾は、塾の中でも大手であるので、 指導法を学ぶには良いところであると思い志望しました。

教育に興味があることと、その塾ならではの理由を掲載している例です。
この志望動機の場合、「なぜ教育に興味があるのか」「なぜ教員を目指す上で塾講師をする必要があるのか」「教える上で気をつけたいこと」など、塾講師と教員志望を掛け合わせた事柄を記載できると良いですね


■教育に興味がある
私は現在教師をしている兄がいます。 私自身は教師を目指している訳では無いのですが、 「教える」ことを職業としている兄に憧れていました。 また、私も教えることが好きなので、 1度は教育関連の仕事をしてみたいと思い、 塾のバイトに応募しました。

教えることに興味があるという志望理由です。なぜそこに興味を持ったのかというエピソードを掲載しています。
この志望動機でも塾講師に採用されたようですが、「講師としてどんな指導をしたいか」を記載すればグッと採用されやすくなるでしょう。 

 


3. 塾講師の採用担当者が考える志望動機の例

実際に採用を行う塾側は、塾講師の志望動機についてどう考えているのでしょうか?
以下は、採用する側が考えている、採用されやすい塾講師のポイントです。 


自分の能力を高めたい

採用側が第一に重視するのは、やはり、塾講師になりたい理由です。「教えるのが好き」や「子供が好き」など直接的な講師の仕事への意欲はもちろん、「プレゼン力を鍛えたい」や「あがり症を直したい」など自己成長への意欲もよい印象を得られるようです。

塾を通して成長できると考えているタイプの人は、ストイックに授業準備をしてくれるケースが多く、良いイメージを与えることができます。 

ただし、具体例が必須。

  • どんな能力が高まると考えているのか
  • どうしてその能力を高めたいと考えているのか
  • 能力が高まることで、塾にどのようなメリットがあるのか

の3点については、しっかり話せるようにしておきましょう!

 

教えることが好き

やはり「教えるのが好き!」という気持ちがなくして、塾講師を続けることは難しいです。

塾は生徒に決まったやり方で教えれば良い、という場所ではありません。

生徒も保護者も本当に様々な方がいらっしゃいます。

その中で、自分が試行錯誤しながらより良い授業を目指すには、仕事の本質である”教えること”が好きであることが何より重要になります。

志望動機として話すだけでなく、教えるのが好きなんだなぁ…と思わせることができれば採用されやすいでしょう。



人の成長にやりがいを感じる人

自分の成長に貪欲な人や、他人の喜びのために働くことが自分の喜びに感じられる人はとても塾講師に向いています。ぜひチャレンジしてみてください。

 他人の成長にやりがいを感じる人、はとても塾講師に向いています。

というのも、いくら自分が鮮やかに問題を解けたとしても、生徒自身が受験会場で解けるようにできなければ、私達の存在意義はないからです。(そして、自分の成功体験を持ちだして志望動機としてお話しされる人がいますが、自分中心の話し方であれば、決して良い評価を受けることはありません。ご注意下さい!

注意点としては「具体性を持たせる」ということ。

ただ「他人の成長が好きです!」と言われても、いまいちピンときません。

もし部活のコーチ・マネージャー経験があるようでしたら、ぜひ絡めて話をしてみましょう

また、兄弟や後輩の勉強を(片手間であっても)教えた経験があれば、それも具体例として持ちだすと好印象です。



NGな例

以下は、塾講師の志望動機を考える上でNGな例です

・時給が高かったので塾講師に応募した
・家から近かったので通いやすいと思った
・シフトが柔軟と聞いたので、忙しくてもできると思った

もしあなたが採用する側だったとして、このような志望動機で来た人を採用したいと思うでしょうか?

実際はこうした理由で応募する方も多いですが、実際に採用されるまでは言わないほうが良いでしょう。

 

採用者が「欲しい」と思う人の特徴

■指導できる学年の幅が広い
これは塾にもよりますが、高校生まで教えることができるのであればアピール材料になります。というのも、「小学生しか教えることができない人」と「難関大学の受験対策まで指導できる人」では担当できる生徒に差があるためです。
小学生から大学受験まで担当できるため、多くの生徒さんの役に立つことができる」といったように、自分の経験が指導に活かせることをアピールしましょう。
 
■多くのシフトに入ることができる 

先ほども記載しましたが、塾は人が足りなくて塾講師を募集しています。
週に1回しか指導できない方と、週に3回の指導ができる方では歴然とした差があります。

もちろん、無理に「いくらでも入れます」などと記載するのは双方にとって不幸な結果を招くので控えてください。

 

履歴書に記載する際は、具体的に何曜日の何時から何時まで入ることができると記載すると良いでしょう。 

 
採用されるのに学歴は必要?

 

「学歴が無いから塾講師はできない」というのは間違いです。
勤務していて同僚を見ても"学歴がいいから良い先生"とは言えませんし、一般的に"学歴があまりない先生でも非常に人気のある講師"はたくさんいます。

高い学力よりも基本を丁寧に分かりやすく教えられることの方が大切です。 また、塾の生徒は大学受験生だけではありません。高校受験生や中学校・高校の補修であれば、高校受験に対応できる知識・学校で勉強する基礎知識さえあれば全く問題ないのです。

さらに、大学受験など高い学力が求められる塾では、集団指導を行うところが多いので科目を選んで働くことが可能です。自分の得意な科目1つであれば教えられるという方も多いのではないでしょうか?

 
 

番外編. 【テンプレも紹介】履歴書の書き方って?

履歴書は、面接前にあなたの人物像を相手方に伝える大切なものです。
ということは、履歴書を書き始めたときから、すでに選考は始まっているのです!
以下の注意事項をよく読んで、丁寧に、心を込めて書いていきましょう。

 以下は、履歴書の書き方です。

履歴書


こちらのフォーマットは無料配布しているものです。
ぜひ使ってみてください! 

ダウンロードはこちらから!
 http://www.juku.st/images/station/content/resume_format.pdf 

 

各欄の記入方法

①氏名欄:

「ふりがな」とあればひらがな、「フリガナ」とあればカタカナで書きましょう。 
 

②写真欄:

証明写真を貼りましょう。貼るときは、曲がらないように注意しながら貼りましょう。また、写真の裏に名前を記入しておきます。
 

③電話番号欄:

自宅に電話がある場合は「電話」の欄に、携帯電話の番号は「そのほかの連絡先」に記入しましょう。メ―ルアドレスを持っている人は、携帯電話番号欄に、メールアドレスも記入すると丁寧でいいでしょう。
 

④年月欄:

年月欄の年号は元号を使います。昭和をS、平成をHと略した書き方をしてはいけません。
 

⑤住所欄:

略さず都道府県名から建物名、部屋番号まで全て書きます。郵便番号も所定の位置に記載します。
 

⑥学歴・職歴欄:

学歴は中学卒業以降を記入します。略さず「高等学校」と書きましょう。高校、大学は入学年度と卒業年度を記入します。浪人をした人は空白期間ができますが、○○予備校等は書く必要はありません。バイト歴も不要ですが、応募のプラスになる内容であれば、書いても差し支えないでしょう。
 

⑦免許・資格欄:

取得年月の古い順に書いていきましょう。正式名称で記入します。
 

⑧自己PR・志望動機欄:

自分は応募する塾の求める人材として適切であるということをアピールします。例えば、得意科目を書く際、得意科目だけでなく、なぜ得意なのかの理由も記入すると説得力があります。他にも、子供が好きなど、熱意をアピールしましょう。

 

志望動機については、なぜその塾で働きたいと思ったのかを書きます。自己PRと合わせて考えるのも良いでしょう。人に教えることが好き、教えることに興味があったなど、自身の長所・短所を理解したうえで記入しましょう。面接につながる項目なので、よく考えて充実した内容にしましょう。また、希望する勤務地・勤務できない時間帯があれば合わせて記入するといいでしょう。



塾講師の履歴書でよくある質問

 Q:趣味やスポーツ欄には何を書けばいいの?
趣味/スポーツ欄はその人の普段の生活や人柄を示すことに繋がります。

読書であれば、どんなジャンルを読むのが好きかや、スポーツであれば大会の実績などを記載しても良いでしょう。

趣味ではなくとも、TOEICの点数や資格検定について記載しても、塾講師のアピールになるでしょう。
(低評価につながりかねない点数の場合は記載しないほうがよいでしょう) 

また、記載する際は「漢検」などの略称ではなく正式名称で書き、取得年月も記載しましょう。

 

 

 

人気の条件で塾講師バイトを探す

 

自分の住むエリアで塾講師のバイトを探す

塾講師バイトを始めるなら今!t-newsオススメの教室!

■栄光ゼミナール
エリア:関東メインに展開
時給:1,500円〜2,100円(集団指導),1,130円(個別指導)
 ※授業外手当、交通費支給あり
シフト:週1日1コマから可能(勤務曜日や時間等は相談制)
担当教科:相談制
服装:スーツ
特徴:福利厚生制度あり!自分の得意な教科から指導可能!

■やる気スイッチのスクールIE
エリア:全国で展開中
時給:1,200円〜2,000円(個別指導)
 ※授業外手当、交通費支給あり
シフト:週1日1コマから可能(勤務曜日や時間等は相談制)
担当教科:得意教科でOK
服装:スーツ(夏はクールビズ)
特徴:コーチング研修等、研修制度が充実!就活応援セミナーもあり!

■明光義塾
エリア:全国で展開中
時給(90分):1,800円〜2,200円(個別指導)
 ※授業外手当、交通費支給あり
シフト:週1日1コマから可能(勤務曜日や時間等は相談制)
担当教科:得意教科でOK
服装:スーツに準ずる服装
特徴:大学の授業もサークルも、バイトと両立できる♪

自宅やキャンパス近く等のおススメ教室が知りたい人は、下記のリンクから!

探す手間不要!t-newsが会員情報を元におススメな教室をレコメンド!
>>今すぐおススメな教室を見る(要会員登録・ログイン)<<

レアバイトや単発バイト等の案件を見たい方はt-newsに会員登録しよう!

会員限定で大学生に「教育バイト」「レア」「高時給」案件を厳選してお届け!
>>いますぐ会員登録<<