• 大学生活
  • 1
  • 465views
  • 2018/12/27

ゴールの先に救える命がある【早稲田ライフセービングクラブ】

ゴールの先に救える命がある【早稲田ライフセービングクラブ】

今回の青春図鑑は、早稲田ライフセービングクラブさんを取材してきました!

ライフセービングといえば救命のイメージが強いですが、いったいどんな活動をしているのでしょうか。

12月下旬にして最高気温14度という恵まれた天候での年内最後の練習。しっかりお届けしたいと思います!

後ろ姿もかっこいい~!

 

早稲田ライフセービングクラブって?

 ライフセービング(スポーツ)とは、人命救助の訓練・技術をスポーツにまで進化させた競技のこと。海中での競技、プール競技、砂浜での競技など、幅広い競技があります。

 

早稲田ライフセービングクラブさんは、ライフセービングクラブスポーツを練習するインカレサークル

早稲田としての練習は陸での練習とミーティングを週1回ずつ、海での練習を月2回程度行います。それ以外にも自主練をし、週3,4回ほどライフセービングに携わる人が多いそう。

40人くらいいる部員のなかで、水泳部出身の方が多いそうですが、ライフセービング自体は大学から始める人が圧倒的に多い。しかし珍しいことに、早稲田ライフセービングクラブさんには経験者もいるとのウワサが!

  

なんとこちらの方は小2からライフセービングを始めたそうです!

この日も9:30からの合同練習前に、5:30から自主練をするストイックぶり。

取材者の300倍は体力がありそうです。。

 

さっそく活動を見学!

9:30 ランニング

まずは砂浜をダッシュ!

取材者も少し走ってみたのですが、砂浜に足を捕らわれて想像以上に走りにくいんです。

それでもみなさんの足取りは軽く、爽やかに走られていました!

にしても海をバックに走るって、青春を感じますね~

 

9:35 準備体操

次にストレッチ。足がつるのを防ぐためだそうです。

 和気あいあいとしています!

 

9:40 アップ

いよいよ海に入ります。

ちなみにこのカッコイイボード、新品だと27万円ほどするそうです…!

これだけの数が並んでいると車1台買えそうですね…

さぁ始まりました!

ボードの数に限りがあるので、半分の人数ずつ交互に行います。

バランス能力が問われそう…!

ある程度漕いだら、戻ってきます。

波に乗ってる!すごい!!!

 練習を見守る皆様。横顔もかっこいい~!

 

10:00 練習開始

 

さてウォーミングアップは終了。本気モードで練習をします!

 

本気で1往復をすると息切れが…すごく疲れるだろうなぁ。 

 

10:30 ウェーディングリレー

今度は3チームに分かれて勝負をします!

チーム①

チーム②

チーム③

楽しそうですね~いいですね~!

ポール役の人まで往復し、戻ってきたらメンバーにバトンタッチします。

すごい…青春感がすごい…!

でもよく見てみると、走り方が変わっている気がします。

これ、ウェーディングといって、ライフセービングの技だそう。

ハードルを跨ぐように進むことで、ひざ下くらいの水位においては走りやすくなるそうなんです。

 10:42 珍事件発生

ウェーディングレースは盛り上がり、次のレースに行こうとしたところで珍事件が発生!! 

みなさん、よーく足元をご覧ください。

足が水でタプタプになってる…笑

周りの方は「妖怪じゃん」と突っ込んでいました。ギャグセン高い。笑

 

10:45 ファンレース

気を取り直してお次はファンレース!

これで練習は最後ということもあり、みなさん真剣に勝負をしていました!

 

 

早稲田ライフセービングクラブの魅力

今回取材させて頂いて感じたのは、みなさん笑顔がとってもステキ

様々な団体さんを取材させて頂いてきましたが、こんなに明るくて、元気な方がたくさんいるサークルはなかなかないと思います。

その証拠に、カメラを向けると超絶ステキな笑顔ばかり頂けました♪見てる方まで明るくなれるみなさんのお写真はこちら!

 

さいごに

今回の取材で分かったことは、みなさんのライフセービング愛です。

練習中ずーっと明るく、笑顔が絶えない姿は、ライフセービングへの愛が反映されているのだと思いました。

早稲田ライフセービングクラブのみなさん、取材にご協力頂きありがとうございました!

 

 

青春図鑑:その他の記事はこちら

 

あなたのサークルの思い出も残しませんか?

青春図鑑の取材依頼はこちら