• バイトあれこれ
  • 0
  • 7718views
  • 2013/05/06

【塾講師】成長の第一歩!バイトを通じて気付いたこと5選

はじめに

何かにチャレンジすることで、人は「気付き」を得るもの。特に学生時代にアルバイトをすることは、大きなチャレンジと言えましょう。塾講師アルバイトもその例に漏れず、経験者の皆さんはそこからさまざまな気付きを得た模様です。今回はその気付きの内容について、アンケートで寄せられた多数のご意見の中から厳選したものを5パターンに分けてご紹介します。

 塾講師バイト・塾アルバイトの求人|塾講師ステーション

塾講師アルバイトで得られた「気付き」

1. 思いやりの大切さ

塾講師で小学生とか自分と年の離れた子供を担当すると、相手目線で話をするのがどれだけ大変で大切かを痛感させられます。まだまだ社会経験の少ない子供たちを相手にどんな内容をどんなふうに話すか、最初はかなり戸惑いましたが、だいぶ慣れてきました。普段でも相手の立場で話すことを徹底していきたいです。
(東京大学 教養学部文科一類 1年生 / 男性)
塾講師は、分からない生徒の分からない部分がどこなのかということに気づいてあげないと、その子の成績を上げることができません。なので、人の気持ちを分かるように心がけるようになり、人当たりが良くなった気がします。
(東京大学 工学部 3年生 / 男性)

周囲から「自己中」や「独善的」と言われるような人は、自分以外の人への配慮に欠けていることが多いのだと思います。自分のことだけを視野に入れて日々を過ごしていれば、そうなってしまうのも仕方ないことですよね。これに対し、塾講師のような教育系指導アルバイトにおいて視野の中心におくべきは、指導対象の生徒です。そうなると、その生徒の気持ちや状態を思いやって行動することが必要になります。上記1つ目のエピソードを語る男性は、「相手の立場で話すこと」の大切さを知り、それを徹底しようと心掛けています。また、上記2つ目のエピソードを語る男性は、「人の気持ち」を分かるような心掛けによって、よりよい対人交流の術を身に着けたようです。相手への思いやりは、人と付き合ううえで最も重要なことの一つでしょう。その重要性に気付き、それを身につけることは、相当に大きな成長だと言えます。

2. 指導の喜び・素晴らしさ

個別指導講師を通じて、教える難しさと、教えられたときの喜びの両面に気づきました。今まではただ自分が理解できていればよかったのが、そうではなくなったというのが新鮮でした。
(東京大学 教養学部文科二類 1年生 / 男性)
生徒に教える立場になると、自分が今まで教わっていた先生たちの存在の大きさに気付かされ、自分も大学で以前より熱心に授業を聞くようになりました。
(上智大学 文学部 1年生 / 女性)

 「人にものを教えること」について考える機会は、普通の人にとってなかなかないものです。教育の現場ににいる大学生といえども、常に教えられる側である場合がほとんどだと思います。しかし、塾講師のアルバイトは教える側に立つ機会を与えてくれます。それによって、それまで見えていなかった教育の側面を覗くことができます。上記1つ目のエピソードを語る男性は、「自分の理解」とは異なるところにある「他人の理解」について、気付きを得たようです。まさに、「新しい価値観」ですよね。上記2つ目のエピソードを語る女性の場合は、教える立場を経験したことによって、自身の学びの姿勢にも変化が生じたとのことです。「指導者になってはじめて、わかる指導者の偉大さ」というものでしょうか。

3. 社会の厳しさ

私は3年以上バイトを塾講師をしていますが、社会人は厳しいということが分かりました。なぜなら、私たちは成果をあげなければ周囲から評価もされずに、むしろ下がってしまうことが、生徒の親や他の校舎から直接伝わってくるからです。その分、責任を背負うことになります。しかし、これは社会にでるのに必要なスキルだと、私は思います。なので、どんなバイトでも成果をあげることに責任を感じ続けることが大事だと思います。
(東京農工大学 工学部 3年生 / 男性)

アルバイトもお金をもらう以上は立派な仕事です。もちろん、それをしっかりと意識したうえでの行動が求められます。上記のように語る男性は、塾講師アルバイトを通して、「成果に責任を負うこと」の重要性に気付いた模様です。おそらく、塾講師にとっての成果とは、担当した生徒の学力の伸びのことでしょう。一般的に学力は、偏差値や点数といった数値に表されることが多いので、塾講師は成果が明瞭になる仕事と考えられます。だからこそ、その仕事を通じて得られる気付きの一つとして、「成果に責任を負うこと」が挙げられるのではないでしょうか。

4. 自身の理解不足

簡単な問題が分からない生徒にどのように教えるかということを一番学びました。また教えてみて初めて自分がきちんと理解していなかったことに気づき、既習の範囲とはいえ、予習をすることの大切さを感じました。
(東京慈恵会医科大学 医学部 4年生 / 女性)

大学生ともなれば、高校以下の勉強内容に関して、十分に理解していたいところです。ところが、意外とこれができていなかったりします。上記のように語る男性は、生徒に勉強を教える際に、自分の理解不足に気付いたそうです。大学生になると、それはそれで新たに学ぶことが多く、常日頃から高校までの既習分野を復習している方などあまりいないでしょう。塾講師として生徒に指導することは、自身の学業を振り返る貴重な機会であるといえるのではないでしょうか。

5. やりがい

バイトを始めてからの最初の方は全くやる気がなく、ただ単にお金を稼げればいいという程度にしか考えていませんでした。ですが、長く続けるに連れて、生徒と一緒に頑張ることでやりがいを見つけることができました。
(東京大学 文学部 4年生 / 男性)

アルバイトをする理由として、「お金を得るため」というのは大きいと思います。大学生になってやりたいことの幅が広がれば、それはなおさらのことでしょう。しかしそれがすべてでしょうか?上記のように語る男性は、塾講師のアルバイトを続けるうちに、お金を稼ぐこととは別の「やりがい」を見つけた模様です。バイトを始めた当初には見えてなかったものを見つけることができたとしたら、それは立派な気付きですよね。

まとめ~気付きを得るということ~

今回ご紹介した5パターンの「気付き」、いかがでしたでしょうか。「なんと!」という人もいれば、「そんなことにはもう気付いている!」という人もいるでしょう。塾講師アルバイトで得られる気付きはまだまだあり、それこそ人それぞれだと思います。何か新しいことに気付くことは、自分の世界を広げたり、それによってもう1レベル上の自分になる良い機会だと思います。すなわち、成長の第一歩です。今、皆さんが送っている日々は、気付きに溢れていますか?当記事を読んで、「なるほど!」と思うところがあった方は、塾講師アルバイトを経験してみてはいかがでしょうか。実践することで初めて身に染みる気付きもあることと思います。


 塾講師バイト・塾アルバイトの求人|塾講師ステーション


関連リンク
 【塾講師】だから辞めない!私がバイトを続ける理由
 【塾講師】他山の石!バイトでの失敗談
 【塾講師】就活にも役立つ!アルバイトでの収穫4選 
 【塾講師】時間を有効活用!バイトでこんなに稼げました
 【塾講師】負けないぞ!バイトでの苦労エピソード5選 
 【塾講師】どやっ!バイトと大学生活を両立できました
今すぐ塾講師アルバイトを始めたい方はこちら
継続的に塾講師アルバイト情報を受け取りたい方はこちら
塾講師口コミ掲載数No.1サイトはこちら
  • 記事執筆:松井
  • 都内某大学の政治経済学部に在籍しています。
  • 日々勉強です。

 

会員限定記事

アンケート

2018/04/23

【帰国子女限定】全員にAmazonギフト券500円分プレゼン...

本ページをご覧いただきありがとうございます。【帰国大学入試経験者限定】で大学入試に関するアンケートを実施いたします。皆さまのご回答お待ちしております。 2018年4月...

 

 

2018/04/01

【お願い】マイページより『学年の更新確認』をお願いします

2018年度になりましたので、マイページの学年が更新されています。マイページにログイン後、学年が正しいかどうかご確認下さい。マイページはこちら・大学を卒業された方は、マイページ...

 

会員限定記事をもっと見る