• バイトあれこれ
  • 1
  • 23731views
  • 2013/05/22

【塾講師】就活にも役立つ!アルバイトでの収穫5選

はじめに

アルバイト経験から得られることはいろいろあるでしょう。お金だったり、人間関係だったり、・・・。そのうち一部は就職活動に役立つこともあると思います。それは、塾講師アルバイトの経験から得られるものの場合も然り。多数の先輩方から、塾講師アルバイトが就職活動に役立ったとの声が寄せられました。果たして、彼らは塾講師アルバイトを通じて何を得たのか。またそれがどのように就職活動に役立ったのか。寄せられた声の中から厳選して、以下にご紹介します。

 

就活に役立つ、塾講師バイトから得られたもの

1. 面接で必須!『プレゼンテーションスキル』

集団授業の塾講師として働いていましたが、そこでは限られた時間で生徒に教えるべきことを教えなければならないため、プレゼンテーションの能力が磨かれます。 就活の際、また就職後も役に立つ能力を得られる有意義なバイトでした。
(東京大学 教養学部文科一類 2年生 / 男性)
質問を即時に把握して、ポイントを踏まえて話す力が塾講師を通して身に付きました。
(東京大学 経済学部 4年生 / 女性)
個別指導塾で講師をしていたが、マンツーマンであるため当然だが目を見て話すクセが自然とついていた。後から聞くとその点は好評価だったようである。
(一橋大学 商学部 4年生 / 男性)

就職試験の1過程として用意されていることの多い面接。多くの人にとってみれば、考えただけで冷や汗ものの難関でしょう。その面接において、塾講師アルバイトの経験が活きるといいます。上記1つ目のエピソードを語る男性は、「限られた時間で適切に伝える力」を磨くことができたとしています。確かに、要点が分かりやすくコンパクトにまとまった発言は、より良い評価を得られそうです。上記2つ目のエピソードを語る女性は、「質問への対応力」を身に付けたようです。回答までにやたら時間がかかったり、あやふやな前置きがあったりすると、質問者に与える印象もよろしくないことでしょう。上記3つ目のエピソードを語る女性は、「目を見て話すクセ」が自然に付いたとしています。意思疎通は音声のみで行われるものではなく、その際の表情や仕草も重要です。中でも「目を見ること」は基本中の基本。ところが実は、緊張するシーンなどではできていないことがあります。クセとして身に付いたなら、その心配はないですね。

2. 筆記試験?SPI?どんと来い!『基礎学力』

塾講師をやっていると、忘れてしまいそうな受験のころの知識が抜けません。人に教えているうちに自分の知識になって定着するので就職試験で筆記に心配する必要があまりなくなります。あと英語の文法などは抜けてしまいがちですが教えるときに復習するのでとてもためになります。

数学、英語、国語・・・各教科の名前すら思い出すのに時間がかかる、そんな人もいるのではないでしょうか。また、人により多寡はありますが、せっかく頭に入れたにもかかわらず大学に入って以降使わなくなった知識があることでしょう。知識は時とともに徐々に抜け落ちてしまうもの。ところが、就職試験においては、そういった知識が必要とされることもあります。既習の内容の問題が解けない!なんて歯痒すぎますよね。上記のエピソードを語る女性は、生徒に教えると同時に「自身の復習」もできたようです。ひょっとすると、現役のころより深く知識が定着するなんてこともあるかもしれませんね。

3. 就活における基礎!『自己PR材料』

自分の創意工夫能力、積極性などの自己PRポイントをこのアルバイトから得ました。
(早稲田大学 文化構想学部 4年生 / 女性)
どの生徒がどのような課題を持っているか発見し、把握する能力が役に立った。この能力を課題発見能力と言い換え、自己PRとした。
(明治大学 政治経済学部 4年生 / 男性)

就活において大切なことのうちに、「自分をしっかりと売り出すこと」が挙げられます。企業側が欲しいと思う人材であることをアピールしなければならないのです。でも、どんな所をアピールすればいいのか、そもそもアピールできるところなんてあるのか・・・不安になってしまいますよね。上記1つ目のエピソードを語る男性は「創意工夫能力」と「積極性」を、2つ目のエピソードを語る男性は「課題発見能力」を、それぞれ塾講師アルバイトの経験を通じて身に付け、就活の自己PRに用いたそうです。もちろん、志望先によって求められるものも異なるとは思いますが、多くの場合、塾講師アルバイトで得られる材料はなかなか強い武器になりそうですよね。

4. これがないと始まらない!『就活の軸(=ヴィジョン/ミッション)』

教育という事業を通して、社会をよくしたいという自分の軸が定まったこと。
(青山学院大学 経済学部 4年生 / 女性)
一人の人と長く関わりを持ち、尽くすアルバイトは他にないと思います。顧客のために本気になることの楽しさを学んだことが就活の軸を考えるにあたって役立ちました。
(早稲田大学 文化構想学部 4年生 / 女性)

いざ就活!となっても、そもそも自分が就きたい職業ややりたいことが明確でなければ、動きようがありません。しっかりとした軸を用意することが大前提です。その軸は、なかなか勝手に立つようなものでなく、むしろそれまでの人生経験の中で自然と出来上がっている場合がほとんどでしょう。上記1つ目のエピソードを語る女性は、「教育事業を通して、社会をよくする」という軸を確立し、2つ目のエピソードを語る女性は、「顧客のために本気になる楽しさ」を以て軸を立てたとのことです。塾講師アルバイトは、「自分が為すべき、または為したいことは何であるか?」という問の答えを導くに適した仕事なのかもしれません。

5. 就活後も役立つ!『リーダースキル』

個別指導では一対三の指導形態も多くそこでは、周りに気を配る能力と、生徒たちに指示を出して能率的に学習をさせるための人を管理する能力が養われると思います。こういう社会に出ても必ず必要とされてくる能力を身につけられたと思います。

昨今の社会では、グループを上手に引っ張れるリーダー素質のある人材が重宝されます。同僚と共同で業務にあたるタイプの仕事では、そのようなリーダーになるための力を磨くことができそうです。では、塾講師はどうか。基本的に授業は講師一人で行うため、そういったスキルとは無縁のように思えますが、実は違います。上記のエピソードを語る男性は、塾講師のアルバイトを通じて、「周りに気を配る能力」と「人を管理する能力」が養われるとしています。たしかに、塾講師として指導する前提として、同僚や部下との共同作業はなくとも、生徒というマネジメントの対象が存在します。それと真摯に向き合うことで、リーダーの素質が磨かれるのでしょう。

まとめ~就活に役立つもの=??~

以上にご紹介したエピソードに、就職活動に活きるという塾講師アルバイトの側面を見ることができます。皆さん大学生のうち多くの方が、遅かれ早かれ就職を意識するでしょう。競争の激しい昨今なら、それは尚更です。その際に過剰に意識しがちなのが、「就活に強くなる」ことです。そもそも企業が欲しいのは、「就活に強い学生」であることに間違いはありませんが、それが真に意味するのは「就職後が有望な学生」でしょう。企業に求められるからこそ就活に強いわけであって、それはそのままヴィジョンとして抱くには少々曖昧なイメージです。上述のような期待収穫を踏まえて、「就職後が有望な学生」になるためには……という点から見たとき、塾講師アルバイトは皆さんの目にどう映りますか?

塾講師探すなら、t-newsの姉妹サイト「塾講師station」で探そう!

個別指導の塾講師バイトを探す!

チューターの塾講師バイトを探す!

私服OKの塾講師バイトを探す!

茶髪OKの塾講師バイトを探す!

 

関連リンク
 【塾講師】だから辞めない!私がバイトを続ける理由
 【塾講師】成長の第一歩!バイトを通じて気付いたこと5選
 【塾講師】他山の石!バイトでの失敗談 
 【塾講師】時間を有効活用!バイトでこんなに稼げました
 【塾講師】負けないぞ!バイトでの苦労エピソード5選 
 【塾講師】どやっ!バイトと大学生活を両立できました
 【教員採用試験】塾講師は有利?塾講師の経験をアピールしよう!
今すぐ塾講師アルバイトを始めたい方はこちら
継続的に塾講師アルバイト情報を受け取りたい方はこちら
塾講師口コミ掲載数No.1サイトはこちら
  • 記事執筆:松井
  • 都内某大学の政治経済学部に在籍しています。
  • 日々勉強です。

会員限定記事

 

2018/08/21

東大生なら知ってて当然!単発バイト優秀説?!

東大生なら知ってて当然!単発バイト優秀説?!   こんにちは!人生の夏休み(=大学生)を満喫中の小林です!成績発表も口座の残高の確認も怖いけど&hellip...

 

アンケート

2018/07/23

【会員登録から7日以内限定】アンケート回答で全員にAmazo...

アンケート(3分程度)は新規会員登録から7日以内限定となります。※回答には新規会員登録が必要です。対象者:t-newsに新規会員登録して7日以内謝礼:回答者全員に100円分のA...

 

会員限定記事をもっと見る