• 大学生活
  • 1
  • 4989views
  • 2013/04/30

【お酒に関するアンケート】 - 共有したいサークル・クラスコンパの際のお酒に関する30のルール

お酒に関する緊急アンケートを実施しました

 近年、大学のコンパなどでの飲酒事故が後をたちません。中には死に至る重大なケースも多くあります。特に目立つのが、法律上飲酒を禁止されているはずの未成年が飲酒をして、事故になってしまうケース。希望にあふれた若い命が失われることは、この上ない悲劇と言えます。国や各大学が注意を呼び掛けている一方で、このような悲劇が繰り返されてしまうのはなぜなのでしょうか。今回t-newsでは、未成年飲酒の実態に迫るべく、読者の皆様に緊急アンケートを行いました。

関連リンク
  暗黙の了解、見て見ぬふり……未成年飲酒の問題
   法律と実態に深い溝。未成年の飲酒について大学生が思うこと

 

今回はそのうち、共有したいサークル・クラスコンパの際のお酒に関するルールについて30名の方がフリーアンサーに答えていただきましたので、全員分ご紹介します。あなたはどう思いますか?他の人の体験談・意見を見ながら、自身はどう思うか、サークルやコンパはどうあるべきか考えてみませんか?

まず未成年に関しては法律で禁止されているので絶対にお酒は飲ませずにジュース類にすべきである。
その他お酒が飲める年齢であっても強い・弱いに関わらず何杯までと定めるべきである。
またイッキといった事も禁止にすべきである。
(法政大学4年生以上 / 男性)
ルール以前に酒等の本人が嫌がる行為の強要は大学の規則や法律などで規制すべきことであって、現状各人の良識に任せていることがおかしい。
それでもルールということで決めるべきことがあるとしたら、飲まない人はソフトドリンクなどを頼んでグラスを絶えず満たしておくというマナーなのかわからないがそういうことを徹底しておく、飲まされる側が気をつけるべきことだと思う。
酒を勧める側としてはグラスが空になっているからと半ば親切心で酒を勧めるのであって、それをわかっているから断りにくい、という状況になってしまうのだと思う。
(東京大学4年生以上 / 男性)
私のサークルではお酒の強要は一切行いません。飲めない人用のソフトドリンクは常に机にあるようにし、コールやゲームなども禁止しています。その結果みんなが飲み会を楽しむことが出来、潰れる人が出たことは一度もありません。
お酒の強要をやめれば、死亡事件などは減るのではないでしょうか。サークルはお酒の強要の禁止というルールを作るべきだと思います。
(学習院大学2年生 / 女性)
私のサークルでの飲み会ではコールが一切無いので、各自が好きな量で適度に楽しめるようになっているのがいいところです。でもサワーかカクテル3~4杯でたまにソフトドリンクを交える程度で飲めば平気だし、たまに気分が晴れたりのんびりお喋りできる場なら常識の範囲内なら大丈夫だと思います。
(東京理科大学2年生 / 女性)
無理矢理一気飲みをさせたり、お酒を強要することを禁止にすべきだと思います。
そのためにはそのような雰囲気作りを4年生や3年生など、サークルを仕切っている人たちがすべきだと思います。
(文教大学4年生以上 / 女性)
 私が住んでいる県内の大学では、一気飲みの文化が都会ほど広まっていません。というより学生同士でお酒を飲むということ自体少ないです。
 もしお酒を飲む場が必要ならば、飲めない人が気軽に参加できるように配慮すべきだと思います。アルコール飲料とともにソフトドリンクも用意する、一気飲みの強制は禁止する、強制した人は何らかのペナルティを自主的に課したりする。
 
(公立鳥取環境大学2年生 / 男性)
酒好きな人に勧める分には問題ないと思う。
嫌がる人にはダメ。絶対。
(電気通信大学1年生 / 男性)
一気のみや強制的に飲ますのをやめる。
(日本大学3年生 / 女性)
飲めない人や拒否してる人には飲ませてはいけない。
上級生が下級生に強要してしまったら断わることは出来ないので、絶対にしてはいけない。
飲まないと感じが悪い、ノリが悪いという、慣習はなくならなくてはならない‼‼
(埼玉大学1年生 / 女性)
僕が入っているサークルでは時折飲み会が開かれ、飲みが強要される場面もあります。が、未成年者が飲まされることは決してありません。また、上級生でも酔い潰れるほど飲まされることはありません。無理をしない、させないという意識を皆が持つことが大切だと思います。
(早稲田大学1年生 / 男性)
お酒に強い人や飲みたい人が集まって飲み、お酒に弱い人や飲みたくない人と一緒にしないことでアルコール事故を防ぐようにする。
飲みすぎて潰れた時ように了承付きで友人宅などの泊まれる場所を確保しておく。
(東京大学2年生 / 男性)
イッキは絶対にだめです。
私の大学でも過去に、急性アルコール中毒で何人かが命を犠牲にしました。
そのサークル、部活はもちろん廃部です。
人の命より、そんなにお酒のノリが大事なんでしょうか。
(東京学芸大学2年生 / 女性)
打ち上げや飲み会は、お酒の出る飲食店で行うことがほとんどです。
でもサークルだと、必ず未成年のメンバー、成人でもお酒を飲めないメンバーがいます。
まずは、飲食店選びに気を付けるようにしています。必ずソフトドリンクがそれなりにあるお店を選ぶようにして、お酒を飲めないメンバーも楽しめることができたら良いなと思っています。
また、ルールというわけではないかもしれませんが、私のサークルではコールなどをする風習自体がありません。なので、酔いが回ってきて一気飲みをしようとする者がいても、周りが全力で止めます。
また、お酒にあまり強くない人が飲みすぎないように、周りが配慮します。みんなで飲み会をしているわけだから、個人の責任のみで飲酒をするのではなく、皆で楽しく会を行えるようにお互いに気をくばること。ルールとして確認し合っていることではないですが、これがルールかもしれません。
(立教大学4年生以上 / 女性)
私が新歓の際に足を運んだサークルでは、イッキ飲み強制は絶対しないと先輩方が言っていました。女の子も多いので、楽しくご飯を食べているというとてもよい雰囲気でした。しかし実際にはそれ以上に、一年生の男の子たちが、新歓だからと言ってかなり飲んでいたので(タダ同然で飲めるので)危なくなる前に男の先輩方が止めていました。それでも「大丈夫です」と言って飲んでいる子がいたので、その子がトイレに行ってるすきに、先輩方でお酒を処理していました。(先輩方はもちろん20歳以上ですよ)もともと、20歳になるまでは飲酒は禁止されています。それにもかかわらず、わざわざお金を払ってまで飲む人の気がしれませんが、もしそこまでして飲みたいと言うのならば、自分で気分の悪くならない程度、あるいは、周りに迷惑かけない程度で止めてほしいです。また、周りも煽るのではなく、行き過ぎる前に止めるような大人な対応をしてほしいです。
(早稲田大学1年生 / 女性)
例え酒を飲むとしても、20歳を過ぎた先輩方のみで行い、後輩には勧めることはいっさい行わず一滴も飲ませない。新入生を歓迎するイベントでは先輩が特に気をつけて酒を提供しない
(慶應義塾大学1年生 / 男性)
飲酒について、強要することは相手にとっても、悪いことしかないし、じぶんもやられたくないから、私は絶対に勧めてはいない。しかしながら、実際にサークルやバイト先では、起こっているのが普通な感じではあり、一種の付き合いのようにも思える。
友達同士で飲むときは、テンションを上げるために自分のペースで飲むことがあり、これはこれで楽しい。
大切なことは、強要せず、自分のペースで飲むことだと思う。
(慶應義塾大学2年生 / 男性)
新入生の新歓コンパ等において、アルコールに慣れてない1年生にはソフトドリンクを薦めるべき。部活やサークルの伝統も、時代に合わせて変えていくことが、我々学生に必要な認識だと考える。
(埼玉大学1年生 / 男性)
クラスコンパのルールとして、コールをしません。また、必ず飲み過ぎた人のケアをしています。未成年飲酒の危険性の一つに、発覚を恐れて救急車を呼ぶ等の対応が遅れてしまうまたは行われないということもあるかと思います。
(東京大学3年生 / 女性)
あらかじめお酒を飲む席と飲まない席とで分けておきます。そうすることでお酒を強要することはなくなり全員が楽しく過ごすことができます。
(東京大学2年生 / 男性)
後輩が飲みすぎないためにお酒をつぐのはその人の先輩のみだった。また、コンパなどお酒を飲む時は、数名お酒を絶対飲まない人を決めて、潰れた人や危なくなった人を助ける役を決めていた。
(早稲田大学1年生 / 女性)
やはり、飲酒は適度な範囲で行うべき。
イッキの強要等はすべきではないし、飲んでて、ちょっと様子がおかしいなと思う人にはお酒を勧めてはならない。
うちのサークルでは、3杯目からは自費で払うことになっているので、そのように、自分で払わないといけないようにすればお酒の量は先輩も抑えめになり、無理な強要はしなくなる。
(早稲田大学1年生 / 男性)
みんなに同じ強要をするのではなく、一人一人違った対応をとる。お酒が飲めない人には無理してのませたりせず、各自で飲みたいものを飲むようにする。
(中央大学3年生 / 男性)
お酒が飲めない、飲みたくない人にお酒を強要しないことを徹底すべき。特に先輩方におねがしたいです。新歓などサークルに入って間もない頃は、先輩に無理を言われると断れない事が多々ありました。その都度私はとても怖いと思ったため、これを選びました。
(法政大学2年生 / 女性)
私の所属する部活における飲み会では、「飲みたい人は好きなだけ飲み、飲まない人は飲まない」といった感じで、他の人に飲酒を強要するようなことはまったく起こりません。これは部活の風習というか伝統のようになっており、私がこの部活に入部したのもこういった雰囲気からでした。このような形なら、お酒を飲みたい人もあまり飲まない人も一緒に楽しめるので、他の部活・サークルでも実施してもらえれば、お酒に関する悲劇的な事件も少なくなるのでは、と考えました。
(横浜市立大学2年生 / 男性)
飲み会の場ではお酒を飲みたい人が飲む、お酒を飲みたくない人や未成年には飲ませない。煽らない。一気飲みはさせないし、しない。
(東京大学2年生 / 女性)
参加強制の飲み会はお酒で盛り上がる人と静かにしていたい人で集めて、席を正反対にして、はなすようにしている。
(東京理科大学3年生 / 男性)
私のサークルでは飲み会をするときに「みんなで楽しく話したり遊んだりする」ことが代々目的になっています。
このサークルにしか属していない人は最初のころからそうだったので自然とそのようなタイプになり、兼サーしている人がコールをしようとすると先輩が止めたりということがあります。
「お酒を飲みたい人は飲めばいい。飲みたくない人は飲まなければいい」というスタンスで「楽しく話そう」という目的で最初から集まれば飲酒による問題は起きないような気がします。
(東京大学3年生 / 男性)
無理に飲ませようとするのではなく、飲みたい人は自由にすればいい、飲みたくなければご飯を食べていてもいい、というスタンスでいるのが大事と思います。
(東京大学2年生 / 女性)
サークルで一気をすすめますが、缶やコップの中は1cmしか入れない状態で渡します。
パフォーマンスならそれで十分。
(お茶の水女子大学4年生以上 / 女性)
私のサークルではお酒の強要は一切行いません。飲めない人用のソフトドリンクは常に机にあるようにし、コールやゲームなども禁止しています。その結果みんなが飲み会を楽しむことが出来、潰れる人が出たことは一度もありません。
お酒の強要をやめれば、死亡事件などは減るのではないでしょうか。サークルはお酒の強要の禁止というルールを作るべきだと思います。
(学習院大学2年生 / 女性)



関連リンク
  暗黙の了解、見て見ぬふり……未成年飲酒の問題
   法律と実態に深い溝。未成年の飲酒について大学生が思うこと
アンケートまとめ

【お酒に関するアンケート】 - 雰囲気に流されて飲み過ぎてしまった26の体験談
【お酒に関するアンケート】 - アルコールによる危ない現場に遭遇した19の体験談
【お酒に関するアンケート】 - アルハラを受けた7の体験談
【お酒に関するアンケート】 - お酒で後悔したことがある23の体験談
【お酒に関するアンケート】 - 未成年の飲酒についての69の意見
【お酒に関するアンケート】 - 日本の大学生の飲酒文化についての82の意見
【お酒に関するアンケート】 - 共有したいサークル・クラスコンパの際のお酒に関する30のルール
【お酒に関するアンケート】 - オススメする36のお酒の断り方
【お酒に関するアンケート】 - 痛ましい事故が起こらないための20の解決策の提案


調査期間: 2013/04/20~2013/04/21    
調査方法: WEBアンケート    
調査対象: 現役大学生・院生323人    
性別内訳: 男性(51%)女性(49%)    
大学内訳: 東京大学(25%)早稲田大学(16%)慶應義塾大学(14%)一橋大学(3%)その他(42%)