• キャリア
  • 1
  • 36064views
  • 2017/02/05

これが私の鉄板ネタ!就活でアピールできたこと~サークル編~

はじめに

多くの大学生にとって、サークル活動は大学4年間の歩みそのものだと思います。学業やアルバイト、その他さまざまな活動に注力しながらも、サークル活動を大学生活の基盤においていた方は少なくないはずです。就活時の自己PRでサークル関連のエピソードを中心に語ることは、もはや一つの王道と言えるのではないでしょうか。今回は、先輩たちが就活の自己PRで話して「ウケが良かったサークル関連のネタ」について、アンケートに寄せられた声を紹介します。

就活でアピールできたこと

 1. リーダーシップの発揮

サークルで部長になったが、それが2年生の時だと話したら、先輩の方が多い中で集団を引っ張るコツを聞かれ、「だからこそ自分自身が信頼されるように率先して動くようにしました」というと割りとうけがよかったです。
(一橋大学 法学部 4年生 / 男性)
サークルのリーダーとしてチームをまとめた話が中心。やる気のないチームに所属しているのが嫌で自分から積極的にチーム改革をしていきながら新しいチームを作った。
(日本大学 法学部 4年生 / 男性)
友人を集めてバンドを結成し、バラバラなメンバーを一つにまとめあげた。話し合って方向性を一致させ、その方向にみんなを導いた。
(東京大学 文学部行動文化学科 4年生 / 女性)

立場や役職に関わらず、主体的な行動が求められるであろうビジネスの世界。当然企業もリーダーシップを持ち、それを発揮した経験のある人物には魅力を感じることでしょう。サークル活動は、個人ではなく、集団で取り組む活動です。となると、リーダーシップを養うには絶好の舞台と言えるかもしれませんね。

2. 苦労エピソード

アフリカから学生を日本に招致する活動の準備や現地の学生とのコンタクトでの苦労エピソード。
(国際基督教大学 教養学部 4年生 / 女性)
サークルを自分たちで立ち上げたこと。立ち上げの際に考えていたことや苦労などを語り、面接官に評価されたように思います。
(東京大学 法学部 4年生 / 女性)
『留学先で、自分が中心となってサークルを立ち上げました。運営して行く中で、様々な困難に直面し、それを乗り越えてきました。この経験を活かして、多様な環境で活躍することで、貴社に貢献したいです。』
(早稲田大学 法学部 4年生 / 男性)

全ての苦労が成長に繋がるとは限りませんが、多くの成長は苦労した経験あってのものだと思います。 「若いうちの苦労は買ってでもしろ」と云われるように、苦労がただ辛く苦しいだけの不要物ではないケースは多々あります。苦労を乗り越えたとき人は一回り成長できるということもあってか、その経験は自己PRにおいて有効な模様です。

3. 企画立案・実行、目標達成

課題を見出し、その課題を解決しようと奔走したエピソード。学園祭の実行委員として前例がなかったことに挑戦し、関係者を説得して実現にこぎつけた。
(早稲田大学 社会科学科 4年生 / 女性)
書道サークルにおいて、展覧会の実行委員長を務めたエピソードがウケが良かったです。一つのプロジェクトに最初から最後まで携わり成功させた経験は、面接官が「この人に仕事を任せたらどうなるか」という想像をしやすくさせ、仕事ができる印象に繋がると思います。単純に「リーダーを務めた」という経験を話すより、より分かりやすく相手に受け取ってもらえると思います。
(慶應義塾大学 商学部 4年生 / 女性)
誰でも経験してそうなサークルネタでも、しっかり情熱をもって伝えれば立派な自己PRになります。私は部員集めに奔走した話を自分の強みと上手く絡めて話しました。
(慶應義塾大学 法学部法律学科 4年生 / 男性)

企業が求める人材像として、恐らく、「仕事をする人」というのは欠かせないことでしょう。何かを構想し、それを行動に移し、最終的に成果に結び付けるための意思を強く持てるということは、社会に出るうえでも大きな強みなのではないでしょうか。当然、それを裏付けするエピソードがあれば、それは企業の採用担当者等の耳にも魅力的に聞こえるはずです。

高い企画立案・実行力が身に付く!就活が有利に!有給インターンはこちら!

4. 努力、忍耐、継続

自転車旅行サークルに入り、最初は全然走れず落ちこぼれだったが無謀でない範囲で練習を重ね、1年余りで東京~青森間を走破できたこと。この経験から、「一見無理に思えるような課題も、きちんと鍛錬を積めば何とか乗り切れるものだ」「無謀でない範囲で高い目標を掲げることは重要だ」ということを学び、それを伝えた。
(一橋大学 商学部商学科 4年生 / 男性)
バスケットボールサークルに入っています。自分は目立つ選手ではありませんでしたがが、サポート役として自分を磨き続けました。プレー面では、派手なプレーは出来ないので、縁の下の力持ちのような、粘り強いプレーをし続けました。それ以外の面では、皆がめんどくさがるようなマネージャー業務を積極的に行いました。リーダーシップをとったり、選手としての技術が伴っていたりしなくても、認めてもらえるんだということがわかりました。
(筑波大学 人文系 4年生 / 女性)
茶道サークルで3つの役職を担当していました。茶道というお稽古ごとで遊びサークルではない点、礼儀作法を心得ている点、偉い先生方の対応を行っていた点、役職に就きサークル運営を行っていた点等をアピールしました。一番ウケが良かったのは、稽古がきつく周りがリタイアしていく中でずっと続けて、複数の役職に就いた点です。忍耐力があることを具体的にアピールできたと思います。
(法政大学 文学部 英文学科 4年生 / 女性)

「努力も一つの才能」と称えられることもあるように、それは誰にでも容易にできることでは決してないと思います。忍耐や継続も同様でしょう。それだけに、努力や忍耐、継続をした経験のある人は魅力的に映るもの。誠実で、且つ、克己心を有する人であるということを示すことにもつながりますね。

5. 企業の関心にマッチした内容

部長としてサークルを運営した際、メンバーの一人がツイッターで飲酒運転したという内容をつぶやいたことでホームページが荒らされるといった事態に。その時の大変だった時の対応を話したが、SNSなど、企業もいま気を使っているところなので、ウケは良かった。
(東京大学 教育学部 4年生 / 男性)
パフォーマンス系のサークルに所属しており、各地で公演を行ったり、大学を通して被災地支援に行ったことはウケが良かった。企業側の興味を引けたし、特に志望していた玩具業界ではダイレクトに楽しい事に興味があることを証明できたと思う。
(早稲田大学 法学部 4年生 / 男性)

業種や理念、抱える事情など、企業独特の何かに自分が適応する人物であるというのを適切に伝えることは、就職活動において有意なことだと思います。「こういう人が欲しい」、採用担当者からそんなふうに思ってもらえたならば、怖いものはないですよね。

6. 掴みに最適!珍しさ、ギャップ

クイズ研究会に所属しており、最終面接の際もテレビで見るようなクイズ番組の裏話について色々と質問をしてもらい話が広がった結果、充実した内容となり、内定を頂けた。
(中央大学 法学部法律学科 4年生 / 男性)
ブラジル音楽の演奏サークルに所属した話です。ブラジル音楽をやる学生自体が珍しいのか、話のつかみは毎回成功しました。そのあとの話の展開は、雰囲気や質問によって変えることで、たくさん話せたと思います。
(上智大学 外国語学部英語学科 4年生 / 女性)
私は割と小柄でのんびりした雰囲気があるのですが、応援指導部に直結した団体に入っていたので、そのギャップがよかったらしく、いつも面接官は興味を持ってくれました。こちらから、話すときに、「ねえねえ、面白いでしょう…?」という雰囲気を醸し出していたことがよかったのかもしれません。
(慶應義塾大学 法学部政治学科 4年生 / 女性)

並み居る志望者の中に埋もれないようにするには、何かしら印象強いエピソードを語ることが有効でしょう。珍しい活動、意外な活動への参加は、オリジナリティを主張してくれます。おっと思わせる話で相手の心を掴み、話を聞く姿勢を引き出してしまえば、その後もより良い面接をすることが容易になるのではないでしょうか。

まとめ~就活におけるサークル活動~

サークル活動と言えばその多様性が大きな特徴として挙げられるでしょう。学生の多様な趣味や感性によって、各大学で無数のサークルが運営されています。自分の望むカテゴリのものを見つけ、そこで仲間たちと何かしらの目的を持った日々を送る、聞くと単純に楽しそうな話ですが、その過程で得られるものは大きく、中には就活時に活きるものもあるようです。上に紹介したエピソードのように、内容次第では自己PRの鉄板ネタにもなりえますね。

就活の鉄板ネタになる!長期インターンはこちら!
その他の「就活」に関する記事はこちら

(関連記事)
「サークルで部長を務めました」は自己PRにならない!採用面接でのアピールポイント 

  • 記事執筆:松井
  • 都内某大学の政治経済学部に在籍しています。
  • 日々勉強です。

会員限定記事

アンケート

2019/01/15

派遣バイトの体験談に応えてAmazonギフト券 1,000円...

春休みといえば、短期間でがっつり稼げる派遣バイト!そんな派遣バイトの実態を調査するために、アンケートを行います!頂いた内容は、個人名を伏せてt-news内の記事で適宜公開させて...

 

アンケート

2019/01/11

【抽選で1,000円分のAmazonギフト券が当たる】あなた...

バイトを探している大学生が、経験者の皆さんの生の声によって、安心して応募ができるために、体験談を募集します。頂いた内容は、個人名を伏せてt-news内の記事で適宜公開させていた...

 

イベント

2019/01/10

【先着20名☆旅行代金無料】2/21(木)~22(金) ソフ...

今年の国体会場である北茨城市で、ソフトテニス部または愛好会等に所属する大学生向けのモニターツアーを開催します!旅行代金は全て無料です。国体に向けて改修したばかりのテニスコートで...

 

会員限定記事をもっと見る