• 学業
  • 5
  • 182453views
  • 2017/03/01

【第二外国語】フランス語で良かった!イマイチだった……。3つの理由

 実は、カナダも、アフリカも……フランス語は幅広い

Bonjour!フランス語というと、「クロワッサン」「ショコラ」「エスポワール」などなんとなく、きらびやかでおしゃれなイメージがあります。その使用規模は大きく、使用されている国と地域の多さは、なんと英語に次いで世界2位。カナダやアフリカの一部、および国際連合の公用語のうちの一つにも数えられます。しかし、知らない人にとっては、日本では英語ほど馴染みがない……。では、大学でフランス語を履修している人々は、なぜフランス語が好きで、また、どんな風に苦労しているのでしょうか。

 

その他の言語に関する記事は下のリンクから
 【第二外国語】ドイツ語で良かった!イマイチだった……。3つの理由
 【第二外国語】スペイン語で良かった!イマイチだった……。3つの理由
 【第二外国語】中国語で良かった!イマイチだった……。3つの理由

良かった!

1. 将来に役立つ

国際機関では英語の次に有用性が高いとされているため、将来国際機関で働くことを視野に入れるとフランス語を学ぶことには価値があると思う。また、他の学問を学ぶ際にもにもフランス語の素養は役に立つことがある。
(東京大学 教養学部文科二類 1年生 / 男性)

これについては先ほども述べました。使用地域が広い分、フランス語はグローバルに重用されています。将来国際公務員になることを目指す人などは、フランス語を学ぶととても役立つでしょう。ちなみに、国際連合の公用語はフランス語の他、アラビア語、中国語、英語、ロシア語、スペイン語の6言語です。

2. 英語との相乗効果

言語を学ぶのを通じて、その国の文化も学ぶことができて楽しかった。英語と似ている部分と違う部分があるので、英語と比較して考えてみると面白かった。英語に流入されている単語も多いので、英語を深めることにも繋がると思う。
(法政大学 人間環境学部 2年生 / 女性)

フランス語は英語に多大な影響を与えました。少し歴史の話をすると、その最も大きな要因は、1066年のノルマン・コンクエストと言われています。フランス系のノルマン人が、イングランドを征服したことで、フランス語を話す貴族が支配階級になったのです。英語の中には、フランス語由来の単語が多く存在します(詳しくはこちら)。フランス語を学ぶことと英語を学ぶことは相互に関連していると言えるでしょう。

3. 日常の教養になる

日本における日常生活で、英語の次に多く目にする外国語はフランス語だと思います。そのフランス語を学んだことで、日常生活のちょっとしたところで、「ああ、これは、こういうことが書いてあったんだな」という気づきがあります。
(慶應義塾大学 経済学部 3年生 / 女性)
フランス文学が読めるようになった。ファッションや料理の意味も類推することができるようになり、教養として役に立っている。
(東京大学 経済学部 4年生 / 女性)

実は、フランス語はかなり日本でも使われているようです。英語以外の国の言葉を学ぶことによって、日本に居ながらにして世界が広がるのはとても素晴らしいことだと思います。また、フランスの文化に興味がわき、フランス文学に、以前に増して親しめるようになったという声もいくつかありました。
他には、「多言語と比べて、女子の割合が高い」や、「難しい言語であるため、勉強するクラスに団結が生まれる」という声が多かったです。私の個人的な印象としても、フランス語のクラスは仲がよく、華やかなイメージがあります。

イマイチだった……

1. 発音が難しい!!

読まない文字があったり、次の単語と組み合わせて(リエゾン)読まなければいけなかったりします。
(津田塾大学 学芸学部 4年生 / 女性)
スピーキング、リスニングといった実用的な部分では日本人が苦手とするポイントが多く、非常に難しい。実際に会話できるようになるには相当な練習が必要だと思われる。
(慶應義塾大学 経済学部 4年生 / 男性)

フランス語は”h”そして最後の子音や語末の"e"は発音しない、などの発音規則や、発生そのものの難しさなどがネックになっているようです。言葉なのですから、喋れない、というのは大変です。私の友人が喉を鳴らして苦しそうにしていたので、「風邪?」と聞いたら、「フランス語の練習だよ!」と怒られたのを思い出しました。

2. 文法が複雑!!

ドイツ語のように文法などのきまりがきっちりしているわけではなく、例外がとても多い。数の数え方が複雑。
(青山学院大学 文学部 2年生 / 女性)

調べてみたところによると、フランス語は規則性は高いらしいのですが、その規則も難しく、また例外も多いことが皆さんの悩みのようです。数の数え方も難解で、たとえば72は「60+12(soixante-douze)」と表します。

3. 暗記が大変!! 

自分に合っていたとはいえやはり学習が面倒。女性・男性名詞の区別は明瞭でなく、動詞の変化もたくさんある。合わない人にはかなりの負担となるだろう。
(東京大学 文学部 4年生 / 男性)

暗記は勉強の基本とはいえ、ここまで量が多いと……というのが正直の感想なようですね。男性名詞・女性名詞は、英語でも日本語でもほぼ問題にはならず、それに慣れることに苦労する、活用表の暗記にてこずる、などの意見がありました。
今回のフランス語に関するアンケートに答えていただいたうち、9割くらいの方が「難しい」というコメントでした。大学に入ると、フランス語は難しいという声はよく聞きますが、やはり伊達ではないようです。

「なんとなく」は禁物?

フランス語は、国際的な公用語でもあり、また、時代を築いた大国の言語でもあるため、それを学ぶことはとても実用に適っています。一方、フランス語で書かれた文学作品も多く、日本でもフランス語がしばしば使われるなど、非実用的・教養的な部分でも、深さをもった言語です。それと引き換えに(というわけではないでしょうが)、学習ははっきり言って難しいです。履修した先輩に訊くなどして事前に調べたりすることで、「ただ大変なだけで、結局無意味だった」という事態は避けたいものです。後悔のない決断ができるとよいですね。Au revoir!

 

第二外国語が決まったら次はアルバイト!

【戦略的バイト探しのすゝめ】バイト探しで必ずチェックすべき7つのポイント! 
【戦略的バイト探しのすゝめ】アルバイトはいつから始めるべき?

 

関連リンク
 本当にその言語でいいですか?気になる第二外国語のウワサ
 ミスったら悲惨……!第二外国語選択で重視すべきポイント
 【第二外国語】ドイツ語で良かった!イマイチだった……。3つの理由
 【第二外国語】スペイン語で良かった!イマイチだった……。3つの理由
 【第二外国語】中国語で良かった!イマイチだった……。3つの理由
 【第二外国語】ここでしか聞けない!慶應のフランス語事情
 【第二外国語】ここでしか聞けない!早稲田のフランス語事情
 【第二外国語】ここでしか聞けない!東大のフランス語事情

会員登録がまだの方はこちらから!

  • 記事執筆:小松崎
    t-newsの学生スタッフとして、記事作成を担当しています。
  • 某大学の法学部生です。
  • 最近は、様々な分野の本を乱読しています。